佐藤健“魔王”の涙にファン号泣「愛の深さを感じた」<恋はつづくよどこまでも>

2020/03/11 11:42 配信

「恋はつづくよどこまでも」第9話より

「恋はつづくよどこまでも」第9話より

上白石萌音が主演の「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第9話が、3月10日(火)に放送された。(以下、ネタバレが含まれます)

意識を失った看護師の七瀬(上白石)が目を覚ました瞬間に、医師・天堂(佐藤健)が涙を流して「好きだ。おまえが好きだ」と伝えたシーンに、視聴者も感動の涙をこぼした。「泣いたり笑ったり、今回も感情がギュンギュン揺さぶられた」「天堂先生の涙とお顔が美しすぎます」「来週で終わりなの無理」と、最終回目前までファンの心をつかんで離さない“恋つづ”。視聴者は七瀬の恋を応援する温かい気持ちで放送を楽しんでいる。

色気の無さを心配する七瀬の“クリーム祭り”大作戦

原作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画。新米看護師・七瀬が医療の現場で“勇者”のように奮闘しながら、“魔王”天堂への恋心を胸に食らいついていく“胸キュンラブストーリー”。

第9話は、七瀬の実家がある鹿児島に、天堂が迎えに来たシーンから始まった。天堂が七瀬に「勝手にいなくなるな」とバックハグしながら言ったセリフが、女性視聴者をときめかせた。

今回、七瀬の頭を悩ませていたのが、天堂から「好きって言ってもらったことがない」ということ。付き合っているにも関わらず、カラダの関係がないことも七瀬を不安にさせていた。

『自分に色気がないからだ』と思った七瀬は、天堂の好物であるクリームシチューやクリームコロッケなどを用意した“クリーム祭り”を開催。部屋の明るさを落として、大人っぽい黒の服に身を包んだ七瀬が色仕掛けで迫ると天堂は「俺がどんだけ我慢してると思ってるんだ」とキラーワードをさく裂。七瀬をベッドに押し倒し「今夜は眠れると思うなよ」と優しくキスをしたのだった。結局は突然、入室してきた流子(香里奈)と沙世子(片瀬那奈)に邪魔をされてしまったわけなのだが。

ほのぼのムードから一転、七瀬が事故に! (2/3)

「恋はつづくよどこまでも」原作コミック(Kindle)


◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物