青山ひかる“野生児猫娘”グラビアで暗い世の中を元気に!

2020/03/10 18:00 配信

芸能一般

【写真を見る】童顔からは想像もできない美ボディーも魅力

【写真を見る】童顔からは想像もできない美ボディーも魅力

(C)鈴木ゴータ(秋田書店)

グラビアアイドルの青山ひかるが、3月10日発売の「ヤングチャンピオン」(秋田書店)の巻末に登場。アザーカットとコメントが届いた。

“Iカップの野生児猫娘”としてさまざまな雑誌などでグラビアを飾っている青山。2016年には「有吉反省会」(毎週土曜夜11:30-11:55、日本テレビ系)に“お尻が汚いグラビアアイドル”として出演し話題に。2019年には「映画版 ふたりエッチ」で主演を務めた他、アイドルグループ「sherbet」としても活動しており、幅広く活躍している。

青山ひかるインタビュー

青山ひかる

青山ひかる

(C)鈴木ゴータ(秋田書店)

――漫画誌のグラビアは久しぶりだそうですね。今回の撮影のテーマを教えてください。

久しぶりなので緊張したし、とてもうれしかったです。1月に撮影したのですが、その日はとても天気が良くて、春のような光がたくさんスタジオに入ってきた感じがして、「もうすぐ春が来る」っていう気持ちになりました!

春っぽいと思いながら撮影しましたね。なのでテーマは春なのかな?(笑)

――3月といえば“卒業”ですね。

ゼロイチファミリアのマリア様というか…(笑)、ゼロイチファミリアの看板を背負って引っ張ってくれた川崎あやちゃんが「引退」ということで。3月14日の引退式に私は出席する予定ですが、最後まで笑って見送りたい。だけどもいろんな思いがあるので、泣いちゃいそうで…。

青山ひかるの卒業の思い出は… (2/3)

関連人物

画像で見るニュース