<シロクロ>清野菜名&横浜流星の撮影最終日に密着!原作のない“オリジナル作品”の大変さとは

2020/03/15 10:00 配信

“シロクロ”でクランクアップを迎えた清野菜名と横浜流星

“シロクロ”でクランクアップを迎えた清野菜名と横浜流星

撮影=阿部岳人

3月15日(日)に最終回を迎える清野菜名横浜流星W主演ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)。清野と横浜の撮影最終日に密着、クランクアップまでの様子を追った。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第10話

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第10話

(C)YTV

3カ月間の撮影が終わり安堵の雰囲気

3月中旬、都内のスタジオにて行われた撮影。「シロクロ」の中で、何度も目にしてきたであろう廃屋でのシーン。廃屋内は、スモークがたかれ、少し暗くなっている。この日は雨が降っており、外はどんよりした天気だった。

しかし、そんな天気ですら雰囲気を作り出し、最終回の最後を飾る重要なシーンにはピッタリ。

撮影の様子

撮影の様子

撮影=阿部岳人

撮影が始まるまで、横浜と清野はスタッフと談笑したり、和やかな時間が流れていた。しかし、いざカメラの前に立つと二人はミスパンダと、直輝の顔に。カメラの角度や、立ち位置などを修整しながら、場面の質を高めていった。

テストを終え本番となるが、本番は一発OK!あっという間に撮影が終わり現場は「ただいまのシーンをもちまして清野さん、横浜さん、オールアップです!」の声とともに、拍手に包まれた。

撮影の様子

撮影の様子

撮影=阿部岳人

清野&横浜のクランクアップの様子はこちらから! (2/4)

◆「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」関連ニュースを続々更新!
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」ニュースまとめ


◆2020年4月春ドラマ一覧!◆
4月スタート春ドラマまとめ

関連番組

関連人物