『シロクロ』ついに最終回!横浜流星がドラマ初主演作で見せつけた存在感

2020/03/15 12:00 配信

復讐を経て、直輝(横浜流星)はどこへ向かうのか…
復讐を経て、直輝(横浜流星)はどこへ向かうのか…「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より (C)YTV


清野菜名&横浜流星が主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)が3月15日(日)に最終回を迎える。ドラマ初主演の横浜は、今作で視聴者に俳優としての存在感を強く印象付けている。

強烈な印象を残した“佐島との激突”シーン


「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、“ミスパンダ”こと川田レン(清野菜名)と、彼女を操る“飼育員さん”こと森島直輝(横浜流星)が世の中のグレーな事件にシロクロつけるシニカルミステリー。

だが、ドラマはやがて父・哲也(田中圭)を殺された直輝の復讐劇という側面が強くなっていき、3月8日放送の第9話では哲也殺害の“黒幕”が判明。直輝が復讐を実行するまでが描かれた。

端正なルックスで、ビジュアル面の人気も高かった横浜。「シロクロ」序盤では、毎回のように挿入された見事なアクションシーンでも視聴者を魅了した。

だが、ドラマが進むにつれて直輝の言動の端々に“心の闇”が覗き始めると、SNSでも「横浜流星くんの演技が凄い」「こんな横浜流星見たことない」といった感想が目立ち始めた。

とりわけ7話ラスト、哲也が誘拐犯の罪を着せられたことを知ったシーン、8話での“Mr.ノーコンプライアンス”こと佐島法務大臣(佐藤二朗)との激突、そして9話の黒幕との対峙では、我を忘れたように憎しみの涙を流して慟哭した。

愛する娘を守るため、哲也殺害の罪をかぶり直輝と向き合った佐島。演じた佐藤はTwitterで8話の激突シーンを振り返り、「芝居は、どちらか一方だけが良くていいシーンになることはない。僕は本当に素晴らしい相手役に恵まれた。僕も相手役にそう感じてもらえるよう必死だった。流星、ありがとさん」とツイート。

自ら劇団を主宰し、映画「はるヲうるひと」(5月15日公開)では原作・脚本・監督も務めるベテラン俳優の佐藤をして「素晴らしい相手役に恵まれた」と言わしめた横浜の演技に、多くの視聴者が心を震わせた。

■「横浜流星2020年カレンダー」
↓Amazon限定版の予約はこちら!

↓楽天ブックス限定版の予約はこちら!


■横浜流星2020年カレンダー メーキング




◆「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」関連ニュースを続々更新!
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」ニュースまとめ