市川海老蔵が信長演じる襲名記念ドラマに続報! 今川義元に三上博史、母・土田御前に黒木瞳

2020/03/16 18:00 配信

三上博史と黒木瞳が「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」(仮)に出演

三上博史と黒木瞳が「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」(仮)に出演

市川海老蔵が十三代目市川團十郎白猿を襲名することを記念し、フジテレビでは今夏、特別ドラマ「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」(仮)を放送。海老蔵が織田信長を演じることはすでに発表されていたが、この度、三上博史黒木瞳の出演が決定した。

同作は“日本史上最大の逆転劇”とうたわれた、“桶狭間の戦い”を題材とする本格時代劇。数的に劣る織田軍が今川義元の大軍を破り、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦を描く。

三上が演じるのは、名門・今川家の武将で海道一の弓取りと呼ばれた今川義元。三上の時代劇出演は、2012年の大河ドラマ「平清盛」(NHK総合ほか)の鳥羽上皇役以来であり、海老蔵との共演はこれが初となる。

三上は海老蔵について「初めてご一緒しますが、撮影のその時、そこに、ぼくらではなく、織田信長と今川義元がふわりと立ち現れればよいなぁ、と心から願っています」とコメントした。

また、黒木は、信長の実の母・土田御前を演じる。土田御前は信長に手を焼く一方で、弟・信勝には手放しで愛情を注いでおり、今作では母のゆがんだ感情も描かれる。

黒木は海老蔵の信長役について、「“視聴者の方はこれを待っていたのでは?”と思いました。“敦盛”のシーンも、華麗に舞うところに海老蔵さんならではの人間の業のようなものが入っていくのでは」と、全幅の信頼を寄せた。

三上博史&黒木瞳のコメント全文はコチラ (2/2)

十三代目市川團十郎白猿襲名披露特別企画「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」(仮)
今夏、フジテレビ系で放送

関連番組

関連人物