3ピース・ピアノバンド、WEAVERの ドラム・河邉徹の著書『流星コーリング』が、「広島本大賞」の小説部門で大賞受賞

2020/03/21 12:00 配信

 3ピース・ピアノバンド、WEAVERの ドラム・河邉徹の著書『流星コーリング』が、「広島本大賞」の小説部門で大賞受賞

3ピース・ピアノバンド、WEAVERの ドラム・河邉徹の著書『流星コーリング』が、「広島本大賞」の小説部門で大賞受賞

昨年3月に刊行された3ピース・ピアノバンド、WEAVERのドラム・河邉徹の著書『流星コーリング』が、今年3月21日、「広島本大賞」の小説部門で大賞を受賞した。

今年で10回目を迎える「広島本大賞」は、広島県の書店員とタウン誌出版4社が広島にゆかりのある作者や作品の本を選出し、 全国に発信していく賞で、これまでにも大崎善生氏の『聖の青春』、小山田浩子氏の『工場』、森見登美彦氏の『夜行』などが大賞を受賞している。

ノミネートされただけで嬉しかったし、大賞を受賞するとは全く思っていなかった

『流星コーリング』は実際にALEというベンチャー企業により2020年に流される事が予定されているという〝人工流れ星〟をテーマに広島を舞台にして織り成されるSF青春小説だ。

河邉氏としては小説家として2作目になる小説で、あさのあつこ氏の『アスリーツ』や長崎尚志氏の『風はずっと吹いている』を筆頭に11作品がノミネートされる中、大賞を受賞できるとは夢にも思わなかったという。

「まさか大賞をいただくとは思ってもいなかったですね。もちろん、広島の景色を思い浮かべながら書いて、広島の方々にリアリティをもって読んでもらえたら嬉しいな、とは思っていましたけど、まさか、自分が書いたものをこういう風にスポットライトを浴びせていただけるっていうこと自体が、そこまで想像できてなかったですね」

そう語る河邉氏だが、実際に昨年、「広島本大賞」にノミネートされた時、大賞は意識しなかったのだろうか。

「数ある小説の中からノミネートしていただいたことがまずとにかく嬉しかったですし、もちろん、『広島本大賞』に選ばれたらすごく嬉しいなとは思いましたが、そんな事はまさかないだろう、と思っていたので、ノミネートされただけで十分という気持ちでした」

広島は物語が生まれる景色 (2/3)

広島本大賞
https://prizesworld.com/prizes/various/hrsm.htm


小説『流星コーリング』
価格:1500円+税
KADOKAWA


アルバム『流星コーリング』
価格:2800円+税
A- Sketch

関連人物