潮紗理菜&齊藤京子&佐々木美玲が語る日向坂46&長濱ねるへの思い<Interview>

2020/03/23 06:30 配信

日向坂46にとって初めてのドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」が完成。潮紗理菜、齊藤京子、佐々木美玲(写真左から)に話を聞いた

日向坂46にとって初めてのドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」が完成。潮紗理菜、齊藤京子、佐々木美玲(写真左から)に話を聞いた

撮影=永田正雄

日向坂46にとって初めてのドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」が完成した。

2019年2月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」から改名し、1stシングル「キュン」が発売初週で47万枚を売り上げるなど華々しいデビューを飾った日向坂46。しかし、先輩グループ・欅坂46の存在感に圧倒されながら、自分たちのアイデンティティーを模索し続けた「けやき坂46」としての3年間があった。さらに、改名という大きな変化をきっかけに2度目のスタートを切った裏側で、彼女たちは大きな壁を乗り越えようと必死になっていた――。

そんな輝きと苦悩が交錯する記録を、彼女たちの日々の活動に密着してきたドキュメンタリー番組「セルフ Documentary of 日向坂46」(TBSチャンネル1)チームの手によって映画化。

3月27日(金)の予定だった公開は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となったが、完成した作品について潮紗理菜齊藤京子佐々木美玲の3人に話を聞いた。

佐々木美玲「全てを見てもらえたらうれしい」

日向坂46・佐々木美玲

日向坂46・佐々木美玲

撮影=永田正雄

――まずは映画決定を聞いた時の心境から教えてください。

潮:私たちの今までの歴史というか、道のりが映画を通してたくさんの方に知っていただけると思ったら、本当にうれしかったです。

齊藤:私もすごくうれしかったです。自分が映画に出るというのが考えられないので、(公開が)とても楽しみです。

佐々木:乃木坂46さんのドキュメンタリー映画を見て、すごく感動したので、日向坂46のドキュメンタリー映画も楽しみだなと思いました。

――グループ結成時から表舞台だけでなく、裏側でもカメラがすっと回っていたんですよね?

潮:どの現場でも密着していただいて、ご飯を食べている時もカメラが回っているくらい、本当にたくさんたくさん私たちを撮ってくださっていました。本当にありのままの私たちが、映画の中で描かれているんじゃないかなと思います。

齊藤:今でもいつも回していただいているんですけど、加入した日からずっと回っていたので、しっかりと私たちの物語になっているんじゃないかなって思います。

佐々木:自分が忘れてしまっていたことも、この映画の予告編を見ただけで「こういうことがあったな」など思い出すこともありました。自分が通った道というか、経験したことを映像で残していただいているので、全てを見てもらえたらうれしいです。

3人のうれしかったこと&つらかったこと (2/4)

日向坂46ドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」
2020年公開予定
出演=日向坂46
監督=竹中優介
HPアドレス=https://hinatazaka46-documentary.com
(C)2020 映画「3年目のデビュー」製作委員会

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物