猫とクマで異世界転生!?鈴木達央&木村昴「生まれ変わってもコンビか!」

2020/03/20 18:00 配信

写真左から、鈴木達央、木村昴

写真左から、鈴木達央、木村昴

伝説のヒーローを目指す主人公で黒猫のマオマオ、相棒でアナグマのバジャークロップス、そしてマオマオの愛弟子となったコウモリのラブリバット。3人が力を合わせ、伝説の地「ピュアハート・バレー」を守る姿を描くアクション・アドベンチャー「マオマオ ピュアハートのヒーロー」。

4月5日(日)よりカートゥーン ネットワークで日本初放送される本作の吹き替えでは、マオマオを鈴木達央、バジャークロップスを木村昴が担当。今回は放送に先駆けて、これまでもコンビ役で共演したことがあり、本作でも名コンビぶりを披露している2人に、作品に懸ける思いなどを聞いた。

――演じられているキャラクターの第一印象をお聞かせください。

鈴木「初めて作品を見た時は、日本テイストがいろいろ入っている作品だなと思いました。刀なども出てきたりと、日本の文化についても好意的に描かれていると思います。マオマオは表情がすごく豊かで、若干大人っぽい印象を受けました。一方で、黒猫というところがかわいらしく、そこをどのように演じていこうかと考えました」

木村「今までクマを演じたことがない上、ただのクマじゃなくてアナグマなんですよ。その"アナ"感をどうやって出していこうか考えました。片腕がメカで片目が眼帯というインパクトもありますし、パッと見はバジャーもマオマオも悪党なんです。キャラクターの絵を最初に見た時は、海賊か悪者たちを追ったアニメかと思ったんですけど、すごくいいことをしていて、そのギャップがいいなと思いました。子供向けだけどブラックジョークもあって、大人も楽しめる『マオマオ』は大好きです」

――出演が決まった時の気持ちはいかがでしたか?

鈴木「カートゥーン ネットワークは子供の頃から見ていたので、なじみはありました。だから声優の仕事に携わっていく中で、カートゥーン ネットワークの作品には出たいなと思っていたんです。『ぼくらベアベアーズ』についても、パンダ役で出演されている谷山紀章さんに『あの作品すごくいいですね!』って話したことがあります(笑)。そんな中でマオマオ役が決まって、本当に嬉しかったですね」

木村「達央さんとは別のアニメでも、コンビを組ませていただいていました。その時は、達央さんと一緒だと自分が想像していた以上の演技ができる、一緒にお芝居をしていてすごく楽しい先輩だと感じたので、またコンビを組ませていただける点でも嬉しかったのを覚えています」

――再びコンビを組まれる点について感想をお聞かせください。

木村「あのアニメでは2人とも死んでいますから『生き返った!』って感じです。輪廻転生ですね。『生まれ変わってもコンビか!』って(笑)」

鈴木「あの時に死んだ2人が『マオマオ』で復活する。そういう意味では、異世界転生ものですね」

木村「間違いない!そういう意味でも、また達央さんとご一緒できるのは嬉しかったです」

鈴木「昴とは共演機会が少なくて、アフレコスタジオで顔を合わせることはあったんですけど、同じブースで会うのは本当に久しぶりでした」

――最後に、放送を楽しみにされているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

鈴木「日本の文化をすごく大事にしながらもアメリカテイストの強い、誰が見ても楽しいコメディータッチの中に、教訓みたいなものも織り交ぜた作品になっています。シニカルな笑いもあれば、ハッと気づかされることもあるので、家族みんなで楽しんでいただけたら嬉しいです」

木村「すごく面白い作品で、楽しんでいただけること間違いなしと思っています。鈴木さんと再びコンビを組ませていただき、皆さんに楽しんでいただけるように頑張っています。皆さんの人生に、彩りを添えられる作品でありたい!」

鈴木「願ったね(笑)」

木村「そうでありたい...そうに違いない、間違いない!」

文=中村実香 撮影=永田正雄

さらにホミニスでは鈴木達央&木村昴のインタビュー全文や写真がもっと見られる!
ホミニスでは芸能人や有名人のインタビュー、出演情報&番組ニュースなどを毎日配信


<放送情報>
マオマオ ピュアハートのヒーロー
放送日時:2020年4月5日(日)10:00~
チャンネル:海外アニメ!カートゥーン ネットワーク
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

関連人物