草なぎ剛「パラサイト」のあるセリフに共感『失敗したくないから、僕は計画を立ててないのかな』【連載コラム】

2020/03/24 00:00 配信

草なぎ剛が映画「パラサイト 半地下の家族」凱旋来日舞台あいさつ登壇を振り返り

草なぎ剛が映画「パラサイト 半地下の家族」凱旋来日舞台あいさつ登壇を振り返り

撮影=諸永恒夫

月刊ザテレビジョンで連載中の「草なぎ剛のお気楽大好き!」。5月号では、草なぎが念願のソン・ガンホとの対面を振り返り。また、「7.2 新しい別の窓」の“ホンネトーク”の話も。

あふれ出る思いを伝えたくて、しゃべり過ぎちゃったかなと反省したくらい(笑)

ほんのり春めいて、花粉症はツラいけど、僕は元気です。先日、映画「パラサイト 半地下の家族」の凱旋来日舞台あいさつにおじゃましてきました。実はこの映画、絶対面白いから(香取)慎吾一緒に見よう!とラジオで話していたんだけど、あいつが行かないって言うので1人で見に行ったのね。

そしたら「一緒に見に行こうって言ってたのに」みたいなツイートを慎吾がしてて、僕は何も悪くないのに僕が責められるというよく分からない方程式に。いつもだよ。

それはさておき、主演のソン・ガンホさんと18年越しにお会いできまして。うれしかった。実は「チョナン・カン」(2001~2010年フジテレビ系)という番組の最初のゲスト候補にラインアップされてたのがソン・ガンホさんで。

ずっと会いたくて、でも会えなくて、憧れや好きって気持ちが何周も何周もして、今回アカデミー賞を受賞されたタイミングで、日頃の感謝の気持ちを伝えられて本当にうれしかったです。一ファンだから、あふれ出る思いを伝えたくて、しゃべり過ぎちゃったかなと反省したくらい(笑)。もっとお二人の作品に対する思いを聞きたかったなと思ったけど、本当にいい時間だった。

ポン・ジュノ監督が撮る映画は、すごく訴えかけてくるものがあるんですね。カメラワークや俳優のたたずまい、細部にわたって準備されていて、リアリティーにこだわっている。一時も目が離せないんです。何で俳優さんがこう動けるのかなっていつも見ていて不思議だなと思うんですよ。

その構図に対して俳優が立ってて、普通に見えるんだけど、いい意味で不自然な動きをしてるのに、それが画面の中ではリアルに見えるところがあって、すごく興味深くて。いつも食い入るように見てます。DVDもいっぱい持ってるし。

韓国映画は僕にとってデニムやバイクと同じ、いい趣味の1つ。心から素で楽しませてもらえるものだから、めちゃくちゃ感謝しているんです。映像を通してこんなにワクワクさせてくれるものって、ごく限られているじゃないですか。

最近、韓国語から遠ざかっていて、聞くことはできるけど話すことがあんまりできなくなっているので、ふわっとした形で月に一度でも勉強し始めるのもいいのかなと思ってはいる。チャンスがあればね。

3月の“ななにー”を振り返っていると、涙が…? (2/2)

月刊ザテレビジョン「草彅剛の『お気楽大好き!』」連載中!

「お気楽大好きWEB」も好評配信中!
https://thetv.jp/feature/okiraku/

関連人物