「新作を書いても書いてもけなされて…」直木賞作家・角田光代が不遇の時代を明かす<サワコの朝>

2020/03/20 07:30 配信

角田光代が「サワコの朝」に出演

角田光代が「サワコの朝」に出演

(C)MBS

作家の角田光代が、3月21日(土)放送のトーク番組「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)に出演する。

1990年、23歳の時に「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し作家デビューした角田は、2005年には「対岸の彼女」で直木賞を受賞。独自の視点から奥深い女性心理を細やかに描いた傑作の数々は、多くの読者を魅了し、平成の30年間で、13もの文学賞を受賞したベストセラー作家として活躍し続けている。

【写真を見る】上品な春の装いの阿川佐和子と角田光代

【写真を見る】上品な春の装いの阿川佐和子と角田光代

(C)MBS

しかし、意外にもデビュー後からしばらくは作品が全く評価されない不遇の時代を過ごしたと語る。

「新作を書いても書いてもけなされて。要約すればこの作者は馬鹿だって…」と言い、評論家から“小説というものを分かってない”“幼稚である”と酷評され苦しんだ当時を阿川佐和子に明かした。

「一番最低にドヨーンとした時には、3カ月間小説を書くのを辞めました」と振り返り、つらさのあまり突っ走った意外な行動も明らかになる。

「サワコの朝」より

「サワコの朝」より

(C)MBS

その後、執筆を再開した角田が発表したのは、“隠し事をしない家族”と言いつつ、実はそれぞれが秘密を抱いていたという家族の光と闇を描いた「空中庭園」。この作品は、角田の作風を大きく変えた言わば転機となったもの。そこには久世光彦さんからの書評が深く関わっているという。知られざる大ヒット作の執筆秘話を語る。

ここ5年は日本の古典中の古典、平安時代に紫式部が書いた長編小説「源氏物語」の現代語訳という偉業に取り組んできた角田。類まれな小説の名手にして、ちょっと天然な角田ワールドの魅力に迫る。

「サワコの朝」
毎週土曜朝7:30-8:00
TBS系にて放送

関連番組

関連人物