<乃木坂46>ドキュメンタリー映画で知る、歴代センターの素顔<ザテレビジョンシネマ部>

2020/03/24 07:00 配信

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

(C)2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

3月25日発売の25thシングル「しあわせの保護色」で、“まいやん”こと白石麻衣が卒業することで話題となった乃木坂46。白石をはじめ、国民的アイドル・グループの歴代センターの素顔を映し出してきた、ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(‘15)、『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(’19)。一期生たちがグループに所属する前後に抱えた悩みや葛藤、そして決意などを、メンバーの実際の声を交えて、改めて考察したい。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』

(C)2015「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会

2011年、AKB48の公式ライバルとして結成された乃木坂46。その発表記者会見で、プロデューサーの秋元康氏が「コンセプトがないことがコンセプト」と発言したことなどで困惑したメンバー。

まるで暗闇の中を走り続けるような状況下、翌年リリースのデビュー・シングル「ぐるぐるカーテン」でセンターを務めたのが、生駒里奈である。その後、5 thシングル「君の名は希望」まで連続センターを務め、世間的に“乃木坂=ショートカットの生駒ちゃんがいる”というイメージを定着させた彼女。

感情表現が豊かで、情熱キャラで知られる彼女だが、小学生でいじめに遭い、高校では中学の大親友と離れ離れになったことで不登校に。父親に勧められた乃木坂46のオーディションを受けた理由も「学校生活から逃げ出したかったから」と語っている。

そんな彼女が、将来が期待されるグループのセンターを務めることの重圧はただならぬものだった。日々自身と向き合って格闘した彼女は、“交換留学生”としてAKB48との兼任を機に、気持ちを切り替え、新たなスタートを切ることになった。

ちなみに、卒業発表後の20thシングル「シンクロニシティ」では最後のセンターを務める予定だったが、それを辞退したのも彼女らしいエピソードである。

白石麻衣も不登校を経験 (2/4)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
WOWOWシネマ 4/3(金)よる6:55

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46
WOWOWシネマ 4/3(金)よる9:00
WOWOWプライム 4/9(木)よる7:50
WOWOWシネマ 4/14(火)午後5:00

関連人物