浜辺美波&横浜流星が和装で魅せる!7月期ドラマ「私たちはどうかしている」でW主演

2020/03/24 05:00 配信

浜辺美波&横浜流星がドラマ「私たちはどうかしている」でW主演!

浜辺美波&横浜流星がドラマ「私たちはどうかしている」でW主演!

浜辺美波横浜流星が7月期の日本テレビ系水曜ドラマ「私たちはどうかしている」でW主演する。和菓子の老舗を舞台にした“クールジャパン”なラブミステリーで、和菓子職人役の浜辺と和菓子屋の跡取り息子役の横浜が和菓子や着物、和室といった“和”の世界を美しく彩る。

和菓子屋を舞台に“美”と“愛憎”描く

ドラマ「私たちはどうかしている」は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部を超える同名人気コミックが原作。和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお=浜辺)と創業400年の老舗和菓子屋の跡取り息子・高月椿(たかつき・つばき=横浜)が運命に翻弄されながらも惹かれ合う姿を描く。

物語の発端は、15年前の殺人事件。母子家庭だった七桜は、和菓子職人である母が勤める和菓子屋「光月庵」に母娘で住み込んでいた。光月庵の跡取り息子・椿は七桜とは同い年で、お互いに初恋の相手でもあった。

しかしある朝、椿の父で光月庵の主人が何者かに刺され、死亡。6歳だった椿の証言で七桜の母親は逮捕され、七桜も光月庵を追い出されてしまう。

そして15年後、ある和菓子の対決の場で、成人した七桜(浜辺)と椿(横浜)は再会。七桜の和菓子に興味を持った椿は、七桜が幼なじみと気づかぬまま初対面でプロポーズ!七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま椿との結婚を利用して光月庵に乗り込むことを決意する。しかし、そこには思わぬ逆境が待ち受けていた――というストーリーが展開する。

原作者・安藤なつみ氏は「浜辺美波さんと横浜流星くん、そして和菓子に着物と『美しい』しかない世界なのに話はドロドロな愛憎劇…そのギャップを楽しみたいです!!」、鈴間広枝プロデューサーも「主人公2人の切ない恋と、たたみかけるように起こるドロッドロな展開に引き込まれ、是非ドラマ化したいと思いました!」と作品の魅力を語る。

横浜流星、和菓子作りに挑戦中!「とても楽しいです」 (2/4)

■「横浜流星2020年カレンダー」
↓Amazon限定版の予約はこちら!

↓楽天ブックス限定版の予約はこちら!


■横浜流星2020年カレンダー メーキング



7月期水曜ドラマ「私たちはどうかしている」
毎週水曜夜10:00 日本テレビ系
原作 安藤なつみ「私たちはどうかしている」(講談社「BE・LOVE」連載)
主演 浜辺美波 横浜流星

関連番組

関連人物