「SCHOOL OF LOCK!」とーやま校長、番組の主役は“生徒” 自身へのサプライズも「僕は仲介役」<インタビュー後編>

2020/03/27 18:00 配信

「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティーを務めるとーやま校長(遠山大輔)

「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティーを務めるとーやま校長(遠山大輔)

“ラジオの中の学校”として、10代を中心に支持を得ているラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(毎週月~金曜夜10:00-11:55、TOKYO FM系列)。パーソナリティーを校長、教頭、リスナーを生徒と呼ぶこの番組では、放送開始から15年間、生徒たちの声に校長らが親身に耳を傾けて続けている。

「WEBザテレビジョン」では、この3月をもって10年間務めた校長を退任する“とーやま校長”こと、お笑い芸人・グランジ遠山大輔にインタビューを実施。生徒への向き合い方などについて話を聞いた前編に続き、後編では、生放送ならではのエピソードや、4月から就任するさかた新校長(サンシャイン・坂田光)、こもり新教頭(GENERATIONS from EXILE TRIBE・小森隼)に期待することなどを語ってもらった。

原動力は「今日も笑えたらいいな」

――10年にもわたって平日の生放送を務められてきましたが、その原動力となったものはありますか?

ケラケラ笑いたいというのがあるんですよ。10代の子と喋っているとめちゃめちゃ笑えるので、「今日も笑えたらいいな」と。最近気付いたんですけど、僕、人より笑いやすいらしくて、わりとゲラっぽいんですよ。だから、「今日も笑わせてくれよ」というのが原動力の一つだったかもしれません。

――受け身の姿勢なのですね?

僕がギャンギャン騒いでいる瞬間もたくさんあるんですけど(笑)。電話で喋っているときはなるべく話を聞いて、こいつは面白そうなやつだなと思ったら、そっちに向かっていくみたいな感じで、完全に向こう主導ですね。それが一番楽しいので。

狙ってくるやつもいれば、狙わずに本当に天然で喋っているのが面白いという子もいるし、タイプに分類できないような全員の面白さがあると思うので、そういう生徒にまた会えたらいいなと日々思っていました。

――とーやま校長は、たくさん笑うだけでなく、時には涙を見せるなど、等身大で生徒と接してこられていますよね。

お恥ずかしいですね…。でも、泣いているのは、全部ディレクターがSEで用意してくれているんですよ。

――泣いているような、グズグズした感じのエフェクトを…?

ここで泣いている風を装えば効果的だろうなと、全部で3パターンくらいあるんです。たぶんオーディションのときにとったんじゃないかな?鼻すすりオーディションみたいなものがあって、それでも好成績だったみたいです。…っていうのは冗談ですけど(笑)。

曲がかからず、ミスだと思っていたら… (2/3)

「SCHOOL OF LOCK!」
毎週月~金曜夜10:00-11:55
TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送

関連人物