宮崎駿初監督アニメ「未来少年コナン」の空中要塞「ギガント」が、おしゃれな腕時計に!

2020/04/03 08:00 配信

「未来少年コナン」に登場する巨大戦略爆撃機“ギガント”が商品化。匠の技で作られた「クラフト腕時計」に!

「未来少年コナン」に登場する巨大戦略爆撃機“ギガント”が商品化。匠の技で作られた「クラフト腕時計」に!

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD. ※本商品は開発中の商品であり、実際の商品に変更がある場合があります

放送から40年以上を経た今もなお、さまざまな映像作品に影響を与え続けているテレビアニメ「未来少年コナン」(1978年、NHK総合)。宮崎駿の初監督作品としても有名な本作には、宮崎作品らしさを感じさせる飛行メカが多数登場するが、その象徴ともいえるのが、“ギガント”。最終戦争で世界を滅ぼし「大変動」が起きる原因をつくった戦略爆撃機の最後の1機を、世界征服を目論むインダストリア行政局長・レプカが復活させた、巨大な蛾を思わせる“空中要塞”だ。

【写真を見る】「未来少年コナン」に登場するギガント。全長85m、全幅176m、全高60m、乗員250名の超巨大な“空中要塞”

【写真を見る】「未来少年コナン」に登場するギガント。全長85m、全幅176m、全高60m、乗員250名の超巨大な“空中要塞”

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

ギガントを復活させたレプカ。最終戦争後に生き残った人類により結成された科学勢力“インダストリア”の行政局長

ギガントを復活させたレプカ。最終戦争後に生き残った人類により結成された科学勢力“インダストリア”の行政局長

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

未来少年コナン」の物語においても重要な意味を持つこのギガントは、過去にも、プラモデルをはじめ数多く商品化されてきたが、このたび、「ギガントをこの腕に!」をコンセプトに、“腕時計”となって登場する。

商品開発を手掛けたのは、これまで「ムスカ大佐 サングラス」や「攻殻機動隊 浮世絵」など、独創的な発想で“名作アニメの世界観”と“モノ造りの職人の技”のコラボレーションを実現させてきた「東京戯画ショップ」。「未来少年コナン」の制作を務めた日本アニメーションの監修の下、クラフト腕時計作家集団・JHAとともに、本格的なクラフト腕時計「ギガント クラフト腕時計」として造り上げた。

本商品は受注生産となり、熟練した技術と創造力を持つ腕時計職人が、一本一本手造りする。「世界を滅ぼした毒蛾」の異名を持つギガントの、独特なフォルムと重厚感を再現した、ファン垂涎の逸品だ。

「ギガント クラフト腕時計」は、4月3日(金)より「東京戯画ショップ」にて予約受付開始。

1978年、NHK総合にて放映された「未来少年コナン」

1978年、NHK総合にて放映された「未来少年コナン」

(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

■ギガント クラフト腕時計
価格:28600円(税込)
企画:東京戯画 / JHA / 日本アニメーション
発売元:パジー・エンタテインメント
販売:オンラインショップ「東京戯画ショップ」
予約開始:2020年4月3日(金) 8:00 ※日本時間
【URL】https://www.tokyogiga-shop.com/

 
◆2020年4月春アニメまとめ!◆
4月スタート春アニメまとめ

関連番組

関連人物