梶裕貴が“非モテ”感満載のキス顔を披露!? 「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」場面カット公開

2020/04/07 18:00 配信

5月18日(月)より、WOWOWプライムにてスタートするドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」。このほど、本作の題1話シーンカットが公開された。

【写真を見る】梶裕貴がまさかの「童貞感全開」なキス顔を披露!

【写真を見る】梶裕貴がまさかの「童貞感全開」なキス顔を披露!

(C)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会

原田まりるによる原作小説をドラマ化した本作は、人間とAIが結婚できるようになった近未来の京都を舞台に、個性豊かなキャラクターたちの姿を通して「AIと人間のあり方」を描いたSFヒューマンコメディー。

主人公のアラサー独身男子・摘木健一を演じるのは、人気声優の梶裕貴。また、摘木の妻となる人型A「ぴぷる」役にアヤカ・ウィルソン、ぴぷるを開発したAI研究者・深山楓に大原櫻子の他、忍成修吾山田悠介臼田あさ美濱田マリといった実力派キャストが集結した。

そんな中、第1話のシーンカットが早くも公開。摘木(梶)が人型AI・ぴぷる(アヤカ)を起動させたシーンや、摘木がぴぷるにキスをしようと試みるシーン、京都・鴨川沿いを摘木が自転車で走るシーンなど、ドラマ性や繊細さが垣間見えるカットが目白押しとなっている。

“イキリオタク”摘木の「もう一つの顔」をトップクリエイターがデザイン!

トップクリエイター・田中将賀が手掛けた摘木健一(梶裕貴)のアバターにも注目!

トップクリエイター・田中将賀が手掛けた摘木健一(梶裕貴)のアバターにも注目!

(C)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会

さらに、劇中で梶演じる摘木が副業として行なっているWEBラジオのアバターのキャラクターデザインを、田中将賀が担当することが明らかに。

田中は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、「君の名は。」などの作品でキャラクターデザインを担当するトップクリエーター。原作小説のカバーイラストも担当していたことから、今回のオファーに至った。

摘木の本業は医療機器の営業だが、帰宅後のささやかな楽しみとしてWEBラジオ番組でパーソナリティーを務めているという設定。そのWEBラジオの配信中、タブレットの画面上に表示されるアバターを田中が手掛けた。梶の特徴を生かしたキュートなキャラクターにも注目だ。

今回のオファーに対し、田中は「すごくうれしかったです。原作の原田先生より、『新しく書く小説のキャラクターを描いてほしい』と依頼された時、実写化なんて想像していませんでした。

そして、実写化にあたって僕が関われることがあるなんて、もっと想像していませんでした。アバターデザインという役割をくださった原田先生、実写スタッフの皆さまに感謝いたします」とメッセージを寄せた。

■WOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」
5月18日(月)スタート
毎週月曜夜0:00-0:30
WOWOWプライムにて放送
※初回2話連続放送、第1話のみ無料放送
https://www.wowow.co.jp/drama/original/piple


■「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」/特報

関連番組

関連人物