<インタビュー>和田雅成&丘山晴己はソウルメイト!? 「KING OF DANCE」を語る!!

2020/04/10 19:27 配信

ドラマ

ダンス自慢の人気俳優たちによる、ガチなダンスと青春ストーリーを楽しめるドラマ『KING OF DANCE』(読売テレビほか)で、ダンスチームを組む和田雅成と丘山晴己。ロックダンスを特技とする和田と、日本舞踊からヒップホップまで踊りこなす丘山が、ニュージャックスウィングに挑戦する。ダンス巧者の彼らでさえ苦戦したというこのダンス、ドラマでどう魅せてくれるのか。撮影の裏側を、語ってもらった。

休憩中でも、ふたりだけでダンスを合わせていました


——おふたりは今回が初共演とのことですが、初対面時の印象は?

丘山:ソウルメイトだと思いました。

和田:そう言われても、苦笑いしかできないよ!(笑) 晴さん(丘山)との「はじめまして」はダンスレッスンで、習うのは初めて挑戦するニュージャックスウィング。当時の僕は別の作品と同時進行していて、本音を言うと余裕がありませんでした。しかもニュージャックスウィングが、マジで難しくて! そんなときの僕は、黙々と練習して“無”になるんです(笑)。隣にいる晴さんはずっとハッピーでいてくれるのに、受け止めきれなかった…。まだまだ子供です、僕は。

丘山:いやいや、そんなことないよ。すごく頑張っている姿を見て「僕もマジメにやらなきゃ」と思ったんだけど、実際の僕はイヤになってくると諦めてしまうこともあって。だからこそ「ここは楽しもう」と自分を奮い立たせるためにしゃべりまくっていたから、きっと「うるさいな」と思っていたはず…。

和田:思ってないよ!!

丘山:最初の印象はそれだけど、最後の印象は『デジモン』だからね(笑)。

和田:一緒に『デジモン』の映画を観に行ったんだよね(笑)。

——仲良しですね(笑)。おふたりはお仕事でよく踊っていますが、それでもニュージャックスウィングは難しかったですか?

和田・丘山:別ものでした。

丘山:シンプルなのに、ずっと続けてきた人じゃないとハマらないスタイルがあるんです。そのスタイルを出さない限り、リズムに乗っている体操にしか見えなくなる。それが恐怖だったし、そう捉えられてしまうことの怖さがありました。シンプルだから覚えるのは簡単、だからこそ怖い。そこが一番、苦労したところですね。

和田:本当にそうでした。正解があるはずなのに、ないというか…。

丘山:正解を編み出せないんだよね。

和田:そうそう。自分のなかの正解があるはずなのに、見あたらなくて。「ここはこの角度だ」とかゴチャゴチャ考えていると、次の振りが出てこなかったりするんです。そういうことで頭がパンパンになっていましたね、僕は。

——おふたりは作中で「WORLD_M」というダンスチームを組む設定ですが、息を合わせるためにしたことはありますか?

丘山:映画を観に行ったのと…(笑)。何よりも、何回もダンスを合わせたね。

和田:そう、鏡の前で合わせる回数がめちゃくちゃ多かったです。休憩に入ってもふたりだけで合わせたりして。

丘山:撮影する前も合わせたね。音楽に乗るリズムを同一にする、その感覚のすりあわせはニュージャックだと特に大事なんです。そこを培うのは大変でした。

——しかもダンスだけじゃなく、ドラマだからお芝居もしなきゃいけないわけで。そのバランスを取るのは難しかったのでは?

和田:ショーケースで踊っているときは、海斗(和田の役)として真城(丘山の役)ときっちり息を揃えてノリを同じにしなくちゃいけないので、そこはかなり気をつけました。

丘山:ダンスパートとドラマパートの撮影が違う日で、とてもありがたかったです。ダンスをしながら表情を作るのは、それぞれ違う感覚を使うので難しかった…いや表現が違うな、いいチャレンジをさせてもらいました。

和田:こうやって全てをポジティブに捉える晴さんが、本当にすごいと思うんですよ。こういう人、あまりいないので。

丘山:ポジティブにならないと、諦めちゃうから(笑)。

こんなにダンスと向き合ったのは初めてのこと


——和田さんは世界的なダンサーを父に持つ海斗、丘山さんは海斗を見守りつつダンスチームを組む真城を演じています。おふたりから見て、どんな役どころでしたか?

和田:海斗は不器用な男です。人間関係も、生き方も。それを真城が助けてくれる感じですね。

三浦海斗を演じる和田雅成
三浦海斗を演じる和田雅成


丘山:真城は海斗と「WORLD_M」をとにかく守りたくて、そのふたつに命を賭けています。海斗への愛情が垣間見えるし、海斗も真城には甘えられる。そんな関係性をちゃんと築けたらいいなと思いながら、役作りをしました。

——今回の役者陣は、ダンスで名を鳴らした人ばかりですね。

丘山:特に丞威くん(来生 駆役)は、7歳で全米チャンピオンになってるしね。

和田:いやもう丞威くんだけじゃなく、晴さんもそうですけど、僕以外は本当に「ダンスがうまい」と言われている人たちなんですよ。

——和田さんもうまいイメージですが…。

丘山:ですよねえ。

和田:いやいや! この作品のオファーをいただいたときにさんざん聞いたんですよ、「僕で大丈夫ですか?」って。さんざん確認して、「大丈夫です」と言われて安心したはずだったのですが… (笑)。

丘山:真城より踊ってたね (笑)。

和田:でもこんなにダンスと向き合ったのは初めてのことで、逆にありがたかったです。もちろん舞台などで踊ったことはありますが、ダンスがメインの作品はなかったので。晴さんじゃないですけど、いいチャレンジをさせてもらいました!

丘山:ナイス!(笑)

——海斗はダンスに関してはブランクのある設定で、和田さんは「そこが自分と重ねられそう」と言っていましたね。

和田:そうですね、本当にありがたい設定にしてもらって(笑)。

丘山:アハハ(笑)。

和田:話数とリンクして僕の気持ちも海斗と一緒に上がっていくので、そこはすごくリアルだったと思います。そしてこの作品でダンスの楽しさに気づくことができ、その気持ちもまたリンクしました。

——丘山さんが真城と一番重ねられた部分は?

丘山:重ねられるというか、真城が海斗にするアドバイスは自分にとってもすごく勉強になりました。人にアドバイスするときって、言葉にしながら「俺、こんなことが言えるんだ」と思うことがあるじゃないですか。そういう感覚が役としてあったので、おもしろかったです。

ダンスバトルを通した青春ドラマは、珍しいのでは


——原点の質問ですが、ふたりがダンスを始めたきっかけは?

和田:僕は最初にこの仕事を始めたときにダンスの壁にぶち当たりすぎて、「何もできないからとにかく習ってみよう」とレッスンに通ったのがロックダンスでした。たまたま近所にロックダンスを教えてくれる先生がいて。何しろ、リズムすら取れなかったんです。

丘山:なるほどね。

和田:ダンスのリズムというものを自分の身体に入れようと思って始めました。

丘山:それは仕事のために?

和田:根本的には、何もできない自分が嫌すぎて。もちろん「いつか仕事で使うことがあるかも」という考えもありました。

丘山:僕は最初に日本舞踊を習いましたが、そこはノーチョイスでした。父が日本舞踊家なので、やるのが当たり前なんだと思っていて。

和田:なるほどね。

——丘山さんはそこからジャンルをどんどん広げていますよね。

丘山:人前に出てパフォーマンスをすることが好きだったので、そのツールのひとつとしてダンスを強めたいと思い、いろいろ習ってみようと思ったんです。

真城博一を演じる丘山晴己
真城博一を演じる丘山晴己


——『KING OF DANCE』はダンスの魅力も伝えてくれるドラマだと思います。おふたりが思うダンスの魅力は?

丘山:じゃあぜひ、ここでニュージャックスウィングの魅力を(と和田を促す)。

和田:ニュージャックの魅力!? そうだな…、ダンス後の爽快感がすごいです。僕がえらそうに言えることじゃないですが、踊っているときの楽しさもわかったし。本作では1分強くらいのダンス・ショーケースをやったんですが、踊ったあとの疲労感がすごいんですよ。

丘山:まず、運動量がすごいからね。

和田:その分、「自分が持っているものを全部出し切った!」という気持ちになれて。あの爽快感は本当に最高でした。

丘山:僕もニュージャックでは今まで以上にビートを感じることやバイブスの重要性を感じたし、それがおもしろいところでもありました。踊っていてたまにあるんだよね、バイブスを感じる瞬間が。

和田:うん、わかる。

丘山:そのときに「これ、楽しいな」と思えて。新しい感覚に出会わせてくれたダンスでした。

——おふたりにとって、ダンスとは?

和田:今回の作品で、前より好きになりました。以前より身近なものになった気がする…かもしれません。

丘山:パフォーマンスのひとつの武器ですね。幼稚園のころから人前に出ることが好きで、そのためには武器が必要でした。僕がほしいと思った武器はダンス・歌・お芝居。特にダンスはある意味、僕にとって先手を打てるカードなんです。そのカードは、多ければ多いほどいい。だから色々な種類のダンスを学びました。

——最後に、『KING OF DANCE』の見どころを!

和田:脚本家の吉谷(光太郎)さんは、“ザ・青春”をストレートに書ける人。ひとりひとりの役がとても丁寧に描かれているので、感情移入しやすいと思います。

丘山:ダンスを通しての青春ドラマ、しかもダンスバトルを描いたものって、他にはあまりないと思います。新鮮に見ていただけたらうれしいですし、さらに先には舞台化が決まっています。舞台では、ドラマと違う化学反応を楽しんでいただければ幸いです。

2人が出演するドラマ「KING OF DANCE」は4月11日(土)スタート
2人が出演するドラマ「KING OF DANCE」は4月11日(土)スタート


■ドラマ「KING OF DANCE」 放送概要
読売テレビ:4月11日(土)放送開始 毎週土曜深夜 0:58~
中京テレビ:4月16日(木)放送開始 毎週木曜深夜 1:44~
BS日テレ:5月7日(木)放送開始 毎週木曜夜 11:00~

脚本:吉谷光太郎
監督:松永洋一、土屋隆俊、林雅貴
振付監修:PURI(WILDLIFE WORKS)
出演:高野洸、和田雅成、丘山晴己、蒼木陣、丞威、福澤侑
本田礼生、眞嶋秀斗、滝澤諒、野島良太、RYUICHI
和田琢磨、バッファロー吾郎A/荒木宏文


■舞台「KING OF DANCE」 公演概要
大阪公演:7月16日(木)~7月19日(日)(全6回)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
東京公演:7月23日(木)~8月2日(日)(全16回)ヒューリックホール東京
愛知公演:8月8日(土)~8月9日(日) (全3回)名古屋市公会堂

公式サイト:https://king-of-dance.com/
公式 Twitter:@kodproject (twitter.com/kodproject/)
公式インスタグラム:@kod_project(instagram.com/kod_project)

製作・著作:2020『KING OF DANCE』製作委員会
©2020「KING OF DANCE」 製作委員会