岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で死去 4月6日に緊急入院、治療していた

2020/04/23 18:21 配信

芸能一般

岡江久美子さん

岡江久美子さん

女優の岡江久美子さんが、4月23日朝5時20分に新型コロナウイルス感染による肺炎のため、死去したことが分かった。享年63歳。岡江さんが所属する事務所「スタッフ・アップ」が公式サイトにて発表した。

公式HPでは「岡江久美子に関するご報告」と題し、「弊社所属 岡江久美子(本名:大和田久美子)が、令和2年4月23日午前5時20分、新型コロナウイルス肺炎のため、永眠いたしました。(享年63歳)。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と報告。

続けて「4月3日に発熱し、4〜5 日様子を見る様に言われておりましたが、4月6日朝に急変し、某大学病院に救急入院いたしました。すぐにICUにて人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性と判明。懸命な治療を続けましたが、完治に至りませんでした」と記し、「昨年末に初期の乳がん手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行い免疫力が低下していたのが重症化した原因かと思われます。ご尽力いただきました医療関係者の皆様には、心より感謝申し上げます」と発表した。

岡江さんが入院して以来、夫の大和田獏、娘の大和田美帆はそれぞれの家で外出を自粛していることも報告し、共に現在症状は出ていないとのこと。

なお、通夜及び葬儀は未定、後日「お別れの会」が実施される予定。

関連人物