主演は実力派イケメン英国俳優!「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」ビジュアル解禁

2020/04/24 05:00 配信

映画「MR.JONES」(原題)の邦題が「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」に決定。8月14日(金)から全国公開される

映画「MR.JONES」(原題)の邦題が「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」に決定。8月14日(金)から全国公開される

スターリン体制下のソビエト連邦に命懸けで立ち向かった、ジャーナリストの戦慄の実話を描く「MR.JONES」(原題)の邦題が「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」に決定。

8月14日(金)から東京・新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開されることが決まり、日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

主演はイケメン英国俳優ジェームズ・ノートン

本作の主人公は、若き英国人記者のガレス・ジョーンズ。ヒトラーに取材した経験を持つ彼が、大国ソ連に1人で立ち向かっていく。

舞台は1933年、スターリン体制下のソ連。ジョーンズは、世界恐慌の嵐が吹き荒れる中、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのかという大きな疑問を抱いていた。

その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、全ての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。

やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズは、想像を絶する悪夢のような光景を目の当たりにする。

ジョーンズ役は、次期ジェームズ・ボンド役ともうわさされる、注目度No.1の実力派イケメン英国俳優のジェームズ・ノートン。そして、「ニューヨーク・タイムズ」モスクワ支局に勤める女性記者、エイダをヴァネッサ・カービーが演じる。

ほか、「ニューヨーク・タイムズ」モスクワ支局長であり、ピューリッツァー賞も受賞したウォルター・デュランティ役をピーター・サースガード、監督を米アカデミー賞ノミネート経験も持つアグニェシュカ・ホランドが担当。

ホランド監督の息もつかせぬサスペンスフルな語り口、陰影豊かなビジュアルで、秘密主義の独裁国家に潜入した実在のイギリス人ジャーナリストの闘いを描いていく。

人々の苦悩を写し出したビジュアル (2/2)

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」
8月14日(金)東京・新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

<スタッフ>
監督:アグニェシュカ・ホランド
脚本:アンドレア・チャルーパ
配給:ハピネット 配給協力:ギグリーボックス

<キャスト>
ジェームズ・ノートン、ヴァネッサ・カービー、
ピーター・サースガード

関連番組

関連人物