蒼井優&山崎努、藤原竜也&玉城ティナ、黒木華&樹木希林らの人間ドラマ 5月初放送3作を厳選<ザテレビジョンシネマ部>

2020/05/01 07:00 配信

『長いお別れ』

『長いお別れ』

(c)2019『長いお別れ』製作委員会

映画アドバイザーのミヤザキタケルが、各月の初放送作品の中から見逃してほしくないオススメの3作品をピックアップしてご紹介! これを読めばあなたのWOWOWライフがより一層充実したものになること間違いなし!のはず...。

今月は、小説やエッセイを原作とする三者三様の3本を紹介します。

蒼井優&山崎努『長いお別れ(2019)』

長いお別れ(2019)』は、認知症を患う父親とその家族を描いた中島京子の小説を、『湯を沸かすほどの熱い愛(2016)』の中野量太監督が蒼井優、竹内結子、山﨑努ら豪華出演陣で映画化。父親の70歳の誕生日から7年にわたる家族のかけがえのない時間を通し、誰にも等しく訪れる親との別れ、残す側・残される側の想いを描いた作品です。

『長いお別れ』

『長いお別れ』

(c)2019『長いお別れ』製作委員会

人それぞれにタイミングは異なるが、かつて祖父や祖母がそうしてきたように、父と母もそうしてきたように、僕たちもまた両親を見送る時が、別れを告げなければならない時がやって来る。観る側にとって劇中の家族はまったくの他人であるけれど、おそらく誰もが自分自身を、自身の家族の姿を重ね合わせてしまうはず。

大事な人が自分のことを認識できなくなる悲しさや大事な人が去ってしまう寂しさといった、実体験しないと確証を得られぬ感覚を、本作の登場人物の葛藤を目の当たりにすることで疑似体験できてしまう。既にその時間を通り過ぎた人にとっても、まだその時間が訪れていない人にとっても、決して他人事では済ませられない人間ドラマがそこにはある。

『長いお別れ』

『長いお別れ』

(c)2019『長いお別れ』製作委員会

大人になれば、実家を出れば、親と顔を合わせる回数も必然的に減っていく。気軽に帰れる距離でないのならなおのこと。ある程度の年齢に達すれば、別れの日はいつ来てもおかしくない。予測できないことばかりで嫌になるが、一つだけ確かなことがある。

どんな結果になろうと、これまで家族と過ごしてきた時間や思い出は残り続けるということ。すぐには割り切れなくても、いつの日か笑顔を取り戻し、思い出の数々を力に変えられる。幸福な時間を、より良き人生を切り開いていける。この作品が、その事実を示してくれる。

観終える頃には、家族との大切な思い出が心を覆い、今すぐにでも家族に会いたくてたまらなくなっていると思います。そんな映画体験、なかなかできるものではありません。

藤原竜也&玉城ティナ、黒木華&樹木希林の作品の魅力 (2/2)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
「長いお別れ」
WOWOWシネマ 5/10(日)よる9:00
WOWOWプライム 5/14(木)午後5:45
WOWOWシネマ 5/21(木)午後3:00
WOWOWプライム 6/4(木)深夜3:45

「Diner ダイナー」
WOWOWシネマ 5/16(土)よる8:00
WOWOWプライム 5/17(日)午前10:25
WOWOWプライム 5/20(水)よる7:00
WOWOWシネマ 5/24(日)午前8:00
WOWOWシネマ 6/12(金)よる7:00
WOWOWシネマ 6/27(土)午前5:30

「日日是好日」
WOWOWシネマ 5/6(水・休)よる9:00
WOWOWシネマ 5/30(土)よる6:15
WOWOWプライム 6/14(木)午前5:45

関連番組