「エール」“圧巻の歌声”に視聴者驚嘆!山崎育三郎はミュージカル界のプリンス

2020/05/12 08:15 配信

“東京帝国音楽学校のプリンス”役の山崎育三郎

“東京帝国音楽学校のプリンス”役の山崎育三郎

「エール」第32回より (C)NHK

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。本日5月12日放送の第32回より“東京帝国音楽学校のプリンス”役の山崎育三郎が本格的に登場。劇中で披露された歌声には、SNSなどで「さすが本格的…!」「これは山崎育三郎にしかできない役!!」「朝からこんな歌声を聞けるなんて幸せ」などのコメントが寄せられている。そんな山崎について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、第32回までのネタバレが含まれます)

第7週あらすじ――裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)との新婚生活をスタート。同時にレコード会社の専属作曲家としての仕事も始まる。一方、音は歌手を目指して音楽学校に入学。そして上級生の佐藤久志(山崎育三郎)と急接近。久志は裕一の幼なじみだった。

現実でもミュージカル界の“プリンス”

ミュージカル「エリザベート」会見時の山崎育三郎

ミュージカル「エリザベート」会見時の山崎育三郎

※山崎育三郎Instagram(ikusaburo_yamazaki)より

朝ドラ「エール」第7週・32回に、音の通う“東京帝国音楽学校のプリンス”として登場、美声を聞かせた山崎育三郎

5月5日放送の第6週・27回では久志であることは伏せられ、音に歌のアドバイスをする“謎の男”として登場していた。

しかし、7日放送の「あさイチ」へのリモート出演で、「“プリンス久志”から」と自ら役柄をネタバレしハッピーバースデーの歌を披露。(※ドラマ本編外では事前に役柄も公表)

博多華丸・大吉にそれぞれ「まだあまり出てきてない」「まだ『エール』のイメージが固まってなかった」と突っ込まれたていた山崎だったが、これで正式に“主人公・裕一の幼馴染・佐藤久志”として「エール」のイメージも固まるであろう。

東京帝国音楽学校のプリンスとして女生徒たちの憧れの的という設定の久志は“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれる山崎育三郎にぴったりの役である。32回でも、ミュージカル俳優だからこそ、吹き替えなしで完璧な歌を聞かせてくれた。

窪田正孝&唐沢寿明とは「THE LAST COP」で共演 (2/3)

▼再放送する名作ドラマ情報をまとめました!
再放送名作ドラマまとめ

※「再放送名作ドラマまとめ」では、関東以外の地域などで放送中の再放送ドラマも併せて紹介中! こちらもぜひチェック!

関連番組

関連人物