志村けんさんの代役は沢田研二「お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟」<映画「キネマの神様」>

2020/05/16 06:25 配信

山田組一同による、メッセージビジュアル

山田組一同による、メッセージビジュアル

志村けんさんが出演予定だった映画「キネマの神様」に、志村さんの代役として沢田研二の出演が決定した。

同作は原田マハの同名小説を原作に、山田洋次が監督・脚本を手掛ける松竹映画の100周年記念作品。

志村さんは菅田将暉とのダブル主演を務める予定だったが、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため急逝した。

物語は過去パートと現在パートに分かれており、3月末に過去パートは撮影終了し、4月から現在パートの撮影に入ろうとしていた矢先の訃報だった。

志村さんと沢田は、かつて同じ事務所の先輩後輩だったこともあり非常に親交が深く、「8時だョ!全員集合」(TBS系)、「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)などの番組で数多く共演。沢田の映画出演は14年ぶり、山田作品への参加は1982年の「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」以来38年ぶりとなる。

なお、撮影再開時期は未定。公開は当初予定していた2020年12月を見送り、2021年で調整しているという。

また、山田組一同が志村さんへの思いを胸に作成した、前を向いていく思いを込めたメッセージビジュアルを公開。このビジュアルは読売新聞朝刊全国版にも掲載される。

沢田研二、イザワオフィス社長らのコメント (2/2)

映画「キネマの神様」
2021年公開予定
監督=山田洋次
脚本=山田洋次、朝原雄三
原作=原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
出演=沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、宮本信子
配給=松竹
公式サイト=https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/
(C)2020「キネマの神様」製作委員会

関連人物