<Mステ>KAT-TUNの「WAになっておどろう」に、「個性出まくり!」「めっちゃかっこよかった!」と称賛の声

2020/05/22 22:43 配信

KAT-TUNが「ミュージックステーション」に出演した

KAT-TUNが「ミュージックステーション」に出演した

5月22日放送の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)にKAT-TUNがリモート出演。「WAになっておどろうプロジェクト」第2弾アーティストとして、前週のKing & Princeに続き、歌とダンスを披露した。

「WAになっておどろうプロジェクト」は、ジャニーズ事務所所属タレントが週替わりでVTRで出演し、屋良朝幸が新たな振り付けをした、V6の「WAになっておどろう」を披露する企画で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で過ごす時間が増えている視聴者に向けたものだ。

パフォーマンス前には、上田竜也が「個性を出してKAT-TUNらしく踊れればいいかなと思っております」と抱負を述べた。

リモートレッスンでは、ジャニーズJr.時代、V6のバックで何度もこの曲を踊ったことがあるため、サビの隣の人とリモートで手をつなぐような新ダンス部分を見ながら、「(元の振り付けの)ローリングの癖が出ちゃいますよね」などと話すシーンもあった。

また、最後の2小節は、それぞれのグループがフリーで振り付けを行うことになっており、中丸雄一が「本当のフリーでいいんじゃない?」と言うと、上田は「ジャニーさんが言ってましたよ、“振り付けだけが振り付けじゃない“って」、亀梨和也も「お前らは立ってカッコつけてろっていうね」と言い、KAT-TUNのフリーパートは完全フリーとなった。中丸は激しいダンス&ターンをキメ、上田はクールにカメラに近づき、亀梨はサビで「Say!」と叫ぶと耳に手を当てこちらの声を聴くような仕草をした後、フリーパートでは何かを叫んでいるような表情を見せた。

SNSでは、「フリーパート個性出まくり!」「後半まさにKAT-TUNだった!」「可愛いダンスも見られて新鮮!」「ザ・KAT-TUNって感じだった!」「同じ曲なのに、グループごとに個性出ますね!次回も楽しみ」「3人の個性出てたな~」「めっちゃかっこよかった!」と、KAT-TUNならではのパフォーマンスに称賛の声が上がっていた。

「ミュージックステーション」
毎週金曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

関連番組

関連人物