『エール』鉄男役で話題“異例”のジュノンボーイ中村蒼 実直さ武器に“イケメン枠”の外で勝負

2020/05/29 07:10 配信

「エール」第43回場面写真 (C)NHK

「エール」第43回場面写真 (C)NHK

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。5月25日~放送の第9週では中村蒼が演じる村野鉄男の恋模様が描かれ、鉄男の愛すべきキャラクターとともに中村自身も注目を集めている。そんな中村の魅力について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

“ピュアで切ない”純愛パートを引き受ける

【写真を見る】愛し合う鉄男(中村蒼)と希穂子(入山法子)。昭和初期の雰囲気たっぷり!(“素顔”の中村蒼も)

【写真を見る】愛し合う鉄男(中村蒼)と希穂子(入山法子)。昭和初期の雰囲気たっぷり!(“素顔”の中村蒼も)

「エール」第43回場面写真 (C)NHK

朝ドラ「エール」の主人公・古山裕一(窪田正孝)の幼馴染・村野鉄男を演じている中村蒼。第9週は鉄男が活躍している。

鉄男は、「乃木大将」というあだ名をもつガキ大将ながら、詩を愛する文学少年だった。家が貧しく苦労して、新聞記者としていまは働いている。ネタバレになるがやがて、もうひとりの幼馴染の佐藤久志(山崎育三郎)と3人で「福島三羽ガラス」として、裕一の曲、鉄男の歌詞、久志の歌で活躍することになる。

だが、第9週の鉄男は音楽(作詞)面ではなく意外にも恋愛パートを担う。相手は裕一の馴染みのカフェーで働く女給・希穂子(入山法子)。彼女とは福島で知り合い、心を通わせていたものの、急にいなくなってしまったことを心配して、鉄男は東京に何度も探しに来ていた。希穂子は鉄男に新聞社の社長令嬢との縁談があると知って身を引いたのだった。

「俺がぐずぐずしているから希穂子に見限られたんだ〜」と酔ってくだを巻く鉄男(43回)は、これまでの真面目な好青年に別の顔があることを感じさせた。

鉄男と希穂子の恋が、裕一の妻・音(二階堂ふみ)が東京帝国音楽大学で目指している、「椿姫」のヒロインの気持を理解する助けになるという趣向で、鉄男が、昭和初期のピュアで切ない純愛パートを引き受けた形となっている。黒々とした髪の毛と意思の強そうな太い眉の中村蒼と、竹久夢二の美人画のような入山法子の組み合わせは昭和の純愛模様にぴったり。きっと高齢の視聴者をも喜ばせるに違いない。

ジュノンボーイきっかけに実力派俳優へ (2/3)

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り

▼再放送する名作ドラマ情報をまとめました!
再放送名作ドラマまとめ

※「再放送名作ドラマまとめ」では、関東以外の地域などで放送中の再放送ドラマも併せて紹介中

関連番組

関連人物