戦慄の実話を映像化!「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」日本版予告編が解禁

2020/06/04 15:12 配信

日本版予告編が解禁された映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」

日本版予告編が解禁された映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」

8月14日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて全国公開予定の映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」の日本版予告編が解禁された。

本作にて、若き英国人記者の主人公のガレス・ジョーンズ役を務めるのが英国俳優のジェームズ・ノートン。ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局に勤める女性記者のエイダ役を女優のヴァネッサ・カービー、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局長でピューリッツァー賞も受賞したウォルター・デュランティ役を、演技派俳優のピーター・サースガードが、それぞれ演じる。

そして監督を務めたのが、米アカデミー賞ノミネート経験があり、「僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ」「太陽と月に背いて」「ソハの地下水道」などの代表作を持つ、アグニェシュカ・ホランド。

本作では、息もつかせぬサスペンスフルな語り口、陰影豊かなビジュアルで、秘密主義の独裁国家に潜入し、真実を追い求めた実在のイギリス人ジャーナリストの闘いを巧みに描き出す。

気になるストーリーをチェック

舞台は、1933年、大戦間期のソビエト連邦。ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズには、世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか、という疑問があった。

その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。

やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景。食料を奪い合い、狂うほどに餓えた冷たい大地の人々だった。当局から逃れて行き場を失ったジョーンズはようやくスープにありつくが、隣でそれを口にした少女のそしゃく音が耳に響き、「なんの肉だ?」と問いかける。

権力に屈するか、真実を伝えるか。ジャーナリストの激しい葛藤と衝突のなか真実を追い求めたジョーンズの、心揺さぶる不屈のドラマを描く。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」
8月14日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて全国公開予定
監督:アグニェシュカ・ホランド
出演:ジェームズ・ノートン、ヴァネッサ・カービー、ピーター・サースガード
(C)FILM PRODUKCJA-PARKHURST-KINOROB-JONES BOY FILM-KRAKOW FESTIVAL OFFICE-STUDIO PRODUKCYJNE ORKA-KINO SWIAT-SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

関連番組

関連人物