岩田剛典が闇の交渉人に!新田真剣佑と初の共演を果たす「名も無き世界のエンドロール」

2020/06/16 05:00 配信

映画「名も無き世界のエンドロール」で初共演をする岩田剛典と新田真剣佑

映画「名も無き世界のエンドロール」で初共演をする岩田剛典と新田真剣佑

映画「名も無き世界のエンドロール」に岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演。新田真剣佑と初の共演を果たすことが分かった。映画は2021年に公開予定。

「名も無き世界のエンドロール」は行成薫の同名小説が原作。お互いに親がいないキダとマコト。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチもまじわり、三人は支え合いながら平和に生きてきた。しかし“ある事件”をきっかけに、キダとマコトの人生は大きく変わってしまう。自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年の時をかけのし上がり命懸けで一世一代の企みを仕掛ける。

岩田剛典は“闇の交渉屋”、新田真剣佑は会社経営者を演じる


岩田は闇の交渉屋・キダを、新田は会社経営者・マコトを演じる。

キダは、大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない “闇の交渉屋”としてのし上がっていく。岩田は今まで見せたことのないほどのハードボイルドな男を体現する。

新田は、キダの唯一の家族ともいえる幼なじみのマコトを演じる。ある事件をきっかけに人生を狂わされるも、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男の役だ。今回、初共演となる岩田と新田だが、劇中では単なる親友以上の厚い信頼と固い絆を見せる。

監督は、ドラマ「メゾン・ド・ポリス」、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」や、映画「累 –かさね」、「ストロベリーナイト」などを手がけた佐藤祐市。表と裏、全く異なる世界に生きることになった二人の男の物語を描く。

主演の岩田をはじめ、新田、佐藤監督らからコメントが届いている。

「名も無き世界のエンドロール」
2021年全国ロードショー
(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
公式サイト www.namonaki.jp
公式Twitter @namonaki2021
公式Instagram http://instagram.com/namonaki2021

関連人物