石坂浩二、人生のターニングポイントは「金田一耕助を演じたこと」

2020/06/15 12:00 配信

映画

【写真を見る】石坂浩二は、澪(松本穂香演)の料理の才能を見出した種市を演じる
【写真を見る】石坂浩二は、澪(松本穂香演)の料理の才能を見出した種市を演じる(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会


松本穂香主演の映画「みをつくし料理帖」によるインタビューリレー第七弾が解禁。松本演じる主人公・澪の料理の才能を見出し、自らの店「つる家」の料理人として天涯孤独となった澪を温かく見守る店主・種市を演じる石坂浩二が登場した。

角川春樹監督とは、初のプロデュース作品として大ヒットを記録した横溝正史原作のミステリー映画1作目の「犬神家の一族」(1976年)で主演の金田一耕助役を演じて以降、横溝正史シリーズ作の全5作に出演してからの長い歴史がある。

そんな石坂は、今回のインタビューの中で、金田一耕助を演じたことが人生のターニングポイントであったと明かしている。

映画「みをつくし料理帖」インタビューリレーに石坂浩二が登場
映画「みをつくし料理帖」インタビューリレーに石坂浩二が登場(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会


さらに、本作の印象を「非常に面白い着眼点だと思った」と語り、角川監督との長い歴史の中で感じた石坂ならではの本作に対するコメントを残している。

本作は、10月16日(金)に公開予定。


映画「みをつくし料理帖」
10月16日(金)全国公開
出演=松本穂香、奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆
   野村宏伸、衛藤美彩、渡辺典子、村上淳/永島敏行、反町隆史、榎木孝明、鹿賀丈史
   薬師丸ひろ子/石坂浩二(特別出演)/中村獅童
製作・監督=角川春樹
脚本=江良至、松井香奈、角川春樹
原作=髙田郁「みをつくし料理帖」(ハルキ文庫/角川春樹事務所)
主題歌=手嶌葵「散りてなお」作詞・作曲:松任谷由実、編曲:松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
料理監修=服部幸應
音楽=松任谷正隆
制作統括=遠藤茂行
制作=楽映舎
(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会
公式サイト=https://www.miotsukushi-movie.jp/

関連番組

関連人物