<BG>ボディーガード・木村拓哉の変わらぬかっこよさに「誤差なし」と反響!アクション以外にも仕草や目線など細やかな演技が光る

2020/06/19 09:40 配信

「BG~身辺警護人~」第1話より

「BG~身辺警護人~」第1話より

木村拓哉主演の木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第1話が6月18日に20分拡大で放送された。本作は、2018年1月期に放送された連続ドラマの第2弾。クライアントを“護り抜く”覚悟を持った民間ボディーガード・島崎章を演じる木村のパワーアップした演技が、多くの視聴者をあらためて魅了した。(※以下、ネタバレがあります)

「法を犯しても護り抜く」

新シリーズには、前作で章の同僚ボディーガードを演じた斎藤工菜々緒間宮祥太朗も続投。直前に放送されたドラマ「警視庁・捜査一課長2020」(毎週木曜夜8:00-8:54)第7話の最後に、菜々緒と間宮が本作の役柄のままゲスト出演し、期待を高めて第1話がスタートした。

前作では章らは民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、チーム一丸となる姿が感動を呼んだ。しかし、新シリーズではIT企業に買収され「KICKガード」と名前を変えた会社の利益優先方針に疑問を感じた章は、組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身することに。

第1話は初仕事として、服役していた松野(青木崇高)の警護依頼を引き受ける展開となった。大学の講師だった松野は迷惑を掛けてしまった教授・坂上(神保悟志)に謝罪したいと、章に同行を願ったのだった。

冒頭では高梨(斎藤)らと見事なチームワークで不審者を撃退するシーンがあり、キレキレのアクションをさっそく披露。その後も、目の動きや仕草など細やかな演技とともに、「法を犯しても護り抜くつもりです」と強い覚悟を持ったボディーガードを体現した木村。SNSには「かっこいい」という声があふれた。

木村×斎藤の「誤差なし」バディに歓喜 (2/2)

「BG~身辺警護人~」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送
※第2話は夜9:00-10:04

◆2020年4月春ドラマ一覧!◆
4月スタート春ドラマまとめ

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆
ジャニーズ番組まとめ

関連番組

関連人物