森山直太朗・山崎育三郎の“アカペラ”に反響「なんて贅沢!!」「沁みた…」<エール>

2020/06/23 10:17 配信

ドラマ

「エール」第62回場面写真 (C)NHK

「エール」第62回場面写真 (C)NHK

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。“プリンス”こと佐藤久志(山崎育三郎、幼少期は山口太幹)の原点を描いた6月23日放送の第62回、山崎と藤堂先生役・森山直太朗がそれぞれ童謡「故郷」をアカペラで歌い上げる場面が感動を呼んでいる。(※以下、ネタバレがあります)

「ああ、歌っていいなぁって」

【写真を見る】久志(山崎育三郎)と子ども時代の久志(山口太幹)。並ぶとそっくり!

【写真を見る】久志(山崎育三郎)と子ども時代の久志(山口太幹)。並ぶとそっくり!

「エール」第62回場面写真 (C)NHK

第62回で描かれたのは“久志が歌を好きになった理由”。大正8年、久志は出ていった生みの母・麻友(深澤しほ)の面影を忘れることができず、新しい母・玲子(黒川芽以)に心を開けずにいた。

思い切って麻友に会いに行った久志。だが、麻友には新しい家族が…。幸せそうな姿を目の当たりにし、久志の心は打ちのめされた。

そんな久志の気持ちを慰めてくれたのが歌であり、恩師・藤堂先生(森山)。

「何かあるって思ったのに、何もなかった」とつぶやいた久志に、藤堂先生は「そうか」とだけ言い、童謡「故郷(ふるさと)」を歌い始めた。そして「佐藤も一緒に。ほら」と促した。

そんな、歌との出会いの記憶を裕一(窪田正孝)と鉄男(中村蒼)に語って聞かせた久志。「ぐちゃぐちゃになった気持ちがバーッと出て、すーっと消えてさ。ああ、歌っていいなぁって」と、歌に救われた思い出を振り返り、静かに「故郷」を口ずさんだ。

「エール」第62回場面写真 (C)NHK

「エール」第62回場面写真 (C)NHK

「ふるさとに帰りたくなった」望郷かき立てる歌声 (2/2)

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り

▼再放送する名作ドラマ情報をまとめました!
再放送名作ドラマまとめ

※「再放送名作ドラマまとめ」では、関東以外の地域などで放送中の再放送ドラマも併せて紹介中

関連番組

関連人物