戸塚純貴&小野花梨、「親バカ青春白書」出演決定!ムロ&永野芽郁の同級生役に

2020/06/25 06:00 配信

日曜ドラマ「親バカ青春白書」に出演する戸塚純貴と小野花梨

日曜ドラマ「親バカ青春白書」に出演する戸塚純貴と小野花梨

8月スタートの日曜ドラマ「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に、戸塚純貴小野花梨の出演が決定した。戸塚と小野は、ムロツヨシ永野芽郁と同じ大学に通う同級生・根来恭介(戸塚)、衛藤美咲(小野)を演じる。

同ドラマは「今日から俺は!!」(2018年、日本テレビ系)チームの最新作で、笑いのヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。

戸塚と小野の役柄は、ガタロー親子と大学生活を共に過ごす同級生

主演はムロ。GP帯連続ドラマでは今回が初主演。娘が大好きすぎるあまり、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親・小比賀(おびが)太郎、通称“ガタロー”を演じる。

ムロの大事な娘役・小比賀さくらには、「半分、青い。」(2018年、NHK総合)、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)以来、久々のドラマ出演となる永野。

さらに、ガタローの最愛の妻で、さくらの母・小比賀幸子を新垣結衣が演じる。そして、さくらの恋人候補には、中川大志。ガタロー、さくらの同級生に今田美桜が発表済み。

そんな「親バカ青春白書」で、ガタローとさくらが共に通う大学の同級生である6人グループの最後の二人が、戸塚と小野であることが発表となった。

戸塚は、「スーパーサラリーマン左江内氏」(2017年)、「今日から俺は‼」(2018年)に続き、この作品で日本テレビの福田監督作品には、3作品連続の出演となる。

戸塚が演じる根来恭介(ねごろ・きょうすけ)は、ガタロー親子が入学した立青大学の同級生の1人。漁師の息子で、和歌山出身。登録者数がわずか20人程度という自称YouTuber。自分のYouTubeチャンネルの為に、全力を注いでいるものの、なかなかヒットには恵まれない。

「らくしてもうけたい」という、向上心ゼロの男で、とにかく惚れっぽい。さくらなど、いろんな女の子に告白しまくってはフラれるが、この告白が恭介のその後の人生の転機となる。

小野が演じる衛藤美咲(えとう・みさき)は、福岡出身で、恭介同様に同級生グループの1人。美咲は、ひたすらバイト三昧の毎日を送り、何かしらの理由が伺える。また、“元ヤン”とのうわさも。

アルバイトをしたことがないさくらが、初めてバイトを始めるときに、同じ喫茶店で働く美咲がさくらの指導役になる。しかし、そのバイト先でガタローも一緒にバイトを始めることになり、ガタロー親子と学校以外でも一緒に過ごすことが多くなる役柄だ。

戸塚純貴は“自称”福田組の秘密兵器!?コメントはこちら (2/2)

日曜ドラマ「親バカ青春白書」
8月スタート
毎週日曜夜10:30-11:25
日本テレビ系で放送
【HP】ntv.co.jp/oyabaka/
【Twitter】@oyabaka_ntv

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物