“さらば愛しき”ロバート・レッドフォード 引退した“永遠の美男子”の俳優人生<ザテレビジョンシネマ部>

2020/06/30 07:00 配信

『さらば愛しきアウトロー 』

『さらば愛しきアウトロー 』

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ロバート・レッドフォードは言わずと知れた、映画史上にその名を刻む“永遠の美男子”だ。とりわけ絶頂期の1970~80年代には、ハリウッドを代表するスーパースターとして世界中を魅了。年を重ねたその後も、カリスマ性衰えぬスターとして、監督として、そしてサンダンス映画祭を主催するサンダンス・インスティテュート(名前は彼が『明日に向って撃て!(1969)』で演じたサンダンス・キッドに由来)の活動を通じた若き才能への支援者として、偉大なるキャリアを築き上げた。

チャーミングな最後の主演作…出世作との共通点も

『さらば愛しきアウトロー』

『さらば愛しきアウトロー』

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

そんなレッドフォードが俳優業からの引退を公言した最後の主演作『さらば愛しきアウトロー(2018)』(7月12日(日)夜9:00、WOWOWシネマほか)は、引退を惜しむファンを悲しい気分にさせるどころか、誰もが微笑まずにいられないチャーミングな快作だった。

彼が演じた実在の人物フォレスト・タッカーは、幾度となく銀行強盗を繰り返し、16回もの脱獄を成功させた伝説的な犯罪者。この紳士強盗は銀行の支店長や窓口係に礼儀正しく接し、拳銃をちらつかせながらも誰ひとりとして傷つけなかったという。

くしくもレッドフォード自身の出世作『明日に向って撃て!』と同じ銀行強盗役という巡り合わせに加え、人生を“楽しむ”ために颯爽と危険な犯罪を重ねていくタッカーの姿は、レッドフォードの俳優人生そのものにオーバーラップする。

『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~ 』

『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~ 』

(C)All Is Lost LLC

このたび『さらば愛しのアウトロー』の放送に合わせて組まれたロバート・レッドフォード特集には、ベスト・セレクションといっても過言ではない作品が揃った。

むろん、それ以外にも『明日に向って撃て!』や『華麗なるギャツビー(1974)』、『大統領の陰謀(1976)』、『スパイ・ゲーム(2001)』といった数多くの傑作、名作があるが、過酷な水上ロケに挑んだ『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜(2013)』(7月17日(金)昼4:45、WOWOWシネマ)含め、放送作品はいずれもファンの間でトップ・クラスの人気を誇り、俳優レッドフォードを象徴する魅力が刻まれた作品ばかりである。

茶目っ気のあるアウトローな役どころは天下一品

『スティング 』

『スティング 』

(c) 1973 Universal Studios - All Rights Reserved

レッドフォードに悪役は似合わない。しかし彼自身はアウトローというキャラクターを好み、どこか茶目っ気のある犯罪者を演じさせたら天下一品だった。『明日に向って撃て!』に続いてジョージ・ロイ・ヒル監督、親友のポール・ニューマンとタッグを組んだ『スティング(1973)』(7月14日(火)夜6:45、WOWOWシネマ)は、まさしくその個性が最大限に発揮された軽妙洒脱なコンゲーム・ムービーだ。

ファンを魅了した傑作を多く生み出した

『追憶(1973) 』

『追憶(1973) 』

(c) 1973, renewed 2001 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

『愛と哀しみの果て 』

『愛と哀しみの果て 』

(c) 1985 Universal Studios - All Rights Reserved

【写真を見る】『コンドル(1975) 』での渋いロバート・レッドフォード

【写真を見る】『コンドル(1975) 』での渋いロバート・レッドフォード

(c) 1975 STUDIOCANAL. All Rights Reserved.

また今回の特集には、レッドフォードのフィルモグラフィを振り返るうえで欠かせない名匠シドニー・ポラックとのコンビ作が3本含まれている。そのうち『追憶(1973)』(7月13日(月)夜7:00、WOWOWシネマ)と『愛と哀しみの果て(1985)』(7月16日(木)夜6:15、WOWOWシネマ)は、レッドフォードの類いまれなほど端正なルックスが際立つメロドラマ。

『追憶』で披露した海軍士官の制服姿は当時の女性ファンを歓喜させ、『愛と哀しみの果て』でメリル・ストリープを相手に演じた自由気ままな冒険家役には、プライベートでは雄大な自然をこよなく愛するレッドフォードの人生観が投影されているかのよう。

もうひとつのポラック監督作品『コンドル(1975)』(7月12日(日)夜7:00、WOWOWシネマ)は、CIA局員の逃避行を描いたスパイ・スリラーで、硬派で知的な役柄も得意としたレッドフォードのクール&スマートな魅力を堪能できる。

『ナチュラル[ディレクターズ・カット版] 』

『ナチュラル[ディレクターズ・カット版] 』

(c) 1984 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

メジャーリーグのオールド・ルーキーを演じた『ナチュラル(1984)』(7月15日(水)夜6:30、WOWOWシネマ)は、詩情豊かでノスタルジックな味わいのスポーツ・ドラマだ。苦難の過去を乗り越えて夢を追い、信念を貫く主人公のキャラクターは、まさにレッドフォードのはまり役。

組織やチームに属しながらも、ひときわ輝く孤高の存在感を放っているところが、いかにもレッドフォードらしい。こちらはディレクターズ・カット版での放送。

『さらば愛しきアウトロー』

『さらば愛しきアウトロー』

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

そして『さらば愛しきアウトロー』には、「これぞレッドフォード!」と快哉を叫びたくなる素敵なエンディングが用意されている。“永遠の美男子”が“永遠のアウトロー”としてスクリーンから去って行くその鮮やかな退き際を、しかと脳裏に焼きつけたい。

文=高橋愉治

純真な少年時代に恐ろしい映画、謎めいた映画を観すぎて、人生を踏み外した映画ライター。毎日新聞、DVD&動画配信でーた、映画.comなどで映画評を執筆。

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
「さらば愛しきアウトロー」
WOWOWシネマ 7/12(日)よる9:00
WOWOWプライム 7/16(木) よる11:50
WOWOWシネマ 7/22(水)午後3:00

「コンドル(1975)」
WOWOWシネマ 7/12(日) よる7:00

「追憶(1973)」
WOWOWシネマ 7/13(月)よる7:00

「スティング」
WOWOWシネマ 7/14(火)よる6:45

「ナチュラル[ディレクターズ・カット版]」
WOWOWシネマ 7/15(水)よる6:30

「愛と哀しみの果て」
WOWOWシネマ 7/16(木)よる6:15

「オール・イズ・ロスト~最後の手紙~」
WOWOWシネマ 7/17(金)午後4:45

関連番組

関連人物