『エール』だけじゃない!“朝ドラ”と音楽の深い関係「潮騒のメモリー」では紅白出場も

2020/06/27 08:50 配信

「エール」第63回場面写真 (C)NHK

「エール」第63回場面写真 (C)NHK

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。6月15日~放送の第13週「スター発掘オーディション!」では、久志(山崎育三郎)と御手洗(古川雄大)が新人歌手オーディションを受ける様子が描かれた。この週のみならず、作曲家・古関裕而を主人公のモデルとした「エール」は、音楽を中心とした物語。そこで、これまでの“朝ドラ”と音楽の深い関係を、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

「エール」第13週には名曲が多数登場

佐藤久志(山崎育三郎)

佐藤久志(山崎育三郎)

「エール」第64回場面写真 (C)NHK

朝ドラ「エール」第13週は、裕一(窪田正孝)の親友・プリンス久志(山崎育三郎)と、音(二階堂ふみ)の豊橋の恩師・スター御手洗(古川雄大)の歌バトル。コロンブスレコードが行った新人歌手募集のオーディションに挑むふたりを裕一と音たちが応援する。

最終審査(64回)では、帝都ラジオ会長の息子・寅田熊次郎(坪根悠仁)が「東京ラプソディ」、岡島敦(徳永ゆうき)が「鉄道唱歌」、林喜一(殿さまキングスの宮路オサム)が「東京行進曲」、水川ながし(彩青)が三味線弾き語りで「ソーラン節」、久志が「丘を越えて」、御手洗が「船頭可愛や」を審査員の前で歌った。

寅田熊次郎を演じた坪根悠仁

寅田熊次郎を演じた坪根悠仁

「エール」第64回場面写真 (C)NHK

坪根以外は歌のプロばかりで、歌う楽曲は実際に昭和から人々に愛された歌。知っている人は問答無用に楽しめ、知らなくてもヒット曲の強烈な求心力に心踊ったことであろう。

「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉どおり歌の力は大きい。聞くとその歌が流行った頃の思い出が鮮やかに蘇る。また、歌によって喜びや哀しみ、たくさんの感情が増幅される。そんな歌の効能を活かそうとしてか、朝ドラには音楽がドラマに密接に関わってくる作品が多く存在する。

ミュージカル仕立ての作品も (2/4)

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り
▼再放送する名作ドラマ情報をまとめました!
再放送名作ドラマまとめ

※「再放送名作ドラマまとめ」では、関東以外の地域などで放送中の再放送ドラマも併せて紹介中

関連番組

関連人物