堤真一、石丸幹二、永山絢斗らを陪審員役に、法廷ものの傑作「十二人の怒れる男」が11年ぶりに上演

2020/07/03 12:00 配信

芸能一般

「十二人の怒れる男」が東京・ Bunkamuraシアターコクーンで11年ぶりに上演。1957年の映画版でヘンリー・フォンダが演じた陪審員を堤真一が演じる

「十二人の怒れる男」が東京・ Bunkamuraシアターコクーンで11年ぶりに上演。1957年の映画版でヘンリー・フォンダが演じた陪審員を堤真一が演じる

法廷ものの最高傑作と評される「十二人の怒れる男」が9月11日(金)〜10月4日(日)、東京・Bunkamuraシアターコクーンで11年ぶりに上演。一人の少年の命を懸けた12人の陪審員たちによる緊迫の法廷劇で、堤真一らが陪審員役を演じる。

1954年にアメリカのテレビドラマとして放送され、1957年にはこの作品に惚れ込んだヘンリー・フォンダが脚本のレジナルド・ローズとの共同製作で映画化した一作。ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した他、アカデミー賞で作品賞や監督賞、脚色賞にノミネートされた。

2007年にはロシア人監督ニキータ・ミハルコフによって、舞台設定を現代のロシアに置き換えて映画化され、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞やアカデミー外国語映画賞にノミネート。

日本でも筒井康隆の「12人の浮かれる男」や、三谷幸喜の「12人の優しい日本人」など、インスパイアされた作品が数多く存在している。

シアターコクーンでは、2009年11月に当時の芸術監督・蜷川幸雄の演出で上演。同年5月から日本でも裁判員制度が始まるというタイムリーな作品として話題を呼んだ。

あれから11年。シアターコクーンの演劇シリーズ「DISCOVER WORLD THEATRE」第9弾として、イギリス人演出家のリンゼイ・ポズナーを迎えて上演。ポズナーにとって、初のシアターコクーン登場となる。

注目のキャストが続々! (2/3)

COCOON PRODUCTION2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.9「十二人の怒れる男」
9月11日(金)〜10月4日(日)、東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演
作=レジナルド・ローズ
翻訳=徐賀世子
演出=リンゼイ・ポズナー
出演=ベンガル、堀文明、山崎一、石丸幹二、少路勇介、梶原善、永山絢斗、堤真一、青山達三、吉見一豊、三上市朗、溝端淳平※陪審員番号順
▼公式サイト
www.bunkamura.co.jp/

関連人物