波瑠&鈴木京香のバディ再び<未解決の女>シーズン2放送決定!沢村一樹、遠藤憲一ら濃厚軍団も健在

2020/07/08 05:00 配信

肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)

肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)

波瑠主演の“新感覚の爽快ミステリー”「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)のシーズン2が、8月6日(木)からスタートすることが決定。また、初回は夜8時から2時間スペシャルで放送することが分かり、波瑠らから意気込みのコメントも到着した。

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する本作。

2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマとして放送され、その後、2019年4月28日にはドラマスペシャルとして“東京と京都を舞台にした物語”を展開した。

そして、今回もこれまで通り脚本は、朝の連続テレビ小説「あさが来た」(2015年-2016年、NHK総合ほか)、2021年放送の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)などで知られるヒットメーカー・大森美香が手掛ける。

大森が紡ぐ秀逸なプロット、息遣いまで聞こえるような緻密なキャラクター描写をベースに、朋&理沙の名コンビが、“一筋縄では行かない令和の未解決事件”に颯爽と立ち向かっていく姿が描かれる。

また、シーズン2でも朋&理沙が所属する第6係(文書解読係)に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じる沢村一樹を筆頭に、あの濃厚男性陣も引き続き登場。

朋&理沙の仲間である第6係のメンバーを演じる遠藤憲一(草加慎司)&高田純次(財津喜延)、そして「倉庫番」とやゆされる第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守を演じる工藤阿須加も健在。

そして、今回は山内圭哉が演じてきた第5係の刑事・桑部一郎が、同部署の係長に昇進するという珍事も起こるなど、男性陣の活躍にも期待が集まる。

さらに、新レギュラーキャストの参戦も決定しており、今後の発表が待ち遠しい。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」
8月6日(木)スタート
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送
※初回放送は、夜8:00-9:48にて放送

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆

7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物