300回突破!よゐこ有野の「ゲームセンターCX」 生放送の舞台裏&17年続く人気のヒケツを番組Pが語る

2020/07/09 12:20 配信

放送300回記念に300分生放送を行ったよゐこ有野のゲームバラエティー「ゲームセンターCX」

放送300回記念に300分生放送を行ったよゐこ有野のゲームバラエティー「ゲームセンターCX」

写真:松崎 浩之

よゐこ・有野晋哉が薄緑の作業服に身を包んだ“有野課長”としてゲームの魅力を伝えるバラエティー「ゲームセンターCX」(隔週木曜深夜0:00-1:00※7月は9日(木)・23(木)、CS・フジテレビONE)が、6月11日の放送で放送回数300回を迎え、6月21日には300分生放送が行われた。「300回」という数字は、毎週放送であれば6年ちょっとで達成できる回数ではあるが、2003年11月にスタートした「ゲームセンターCX」では約17年かけてその数字に到達した。

シリーズの中心は「たけしの挑戦状」「アトランチスの謎」など伝説のレトロゲームに挑戦する“有野の挑戦”。多くのユーザーが懐かしいと感じるゲームソフトが登場するのも当然魅力の一つだが、ただ一人の出演者・有野の“ゲーム愛”と“主役として出過ぎない”感覚も人気を支えているようだ。

レギュラー放送・商品化・イベントなど番組全体のまとめ役でもある番組プロデューサーの石田希さんに、17年間愛され続ける「ゲームセンターCX」の魅力を聞いた。

「ゲームセンターCX」プロデューサーの石田希さん

「ゲームセンターCX」プロデューサーの石田希さん

※2020年ザテレビジョン撮影

ゲーム一色の300分生放送後もやっぱりゲーム!?

――300回放送、おめでとうございます!

ありがとうございます。数字としてはすごく見えますが、毎週レギュラー放送していればもっと早く…たぶん6年ちょっととかで迎えている数字なんですけど(笑)。なので回数よりも、17年続けられていることがすごくありがたいですね。

――そんな300分生放送で奇跡のクリアをするところも有野さんらしいというか…(笑)。

生放送って想定外のことも考えて、いろんな準備をしておくんです。とはいえ、まさか有野さんが余裕でクリアするなんて…全く想定していませんでした(笑)。有野さんだけは「200分で終わらせるで」って言ってたんですけど、「それはそれで番組史上初なんで、おもしろいですね」と返して「バカにしてるやろ」ってツッコまれて…そんなやり取りをするくらいリアリティがなかったですね。生放送のいろんな打ち合わせの場で、「有野さんご本人は200分でクリアすると言ってます」と話すと、決まって皆さん「いやいやいや〜!」って(笑)。

【写真を見る】300回記念でもやはりセットはシンプルな「ゲームセンターCX」

【写真を見る】300回記念でもやはりセットはシンプルな「ゲームセンターCX」

写真:松崎 浩之

でもスタートしてみたら、「これは…本当に200分でクリアしちゃうかも」って裏でざわざわし始めて、いざクリアした時にも「すごい!おめでとう!」よりも「やばいやばい…早い早い!」「次の準備できてる?」って舞台裏はバタバタしていました。有野さんには、番組初の快挙をお祝いできなくてすみません…という気持ちです(笑)。

そして有野さん、300分ゲーム一色の生放送を一人でやり切った後、「家でなんのゲームしようかな」って帰って行かれましたからね (笑)。ホンモノですよね。

300分生放送の様子

300分生放送の様子

写真:松崎 浩之

17年続けてきた番組の変化とは (2/4)

【放送情報】
「ゲームセンターCX」
隔週木曜深夜0:00-1:00 ※7月は、9日(木)、23(木・祝)に放送
フジテレビONE スポーツ・バラエティ

関連人物