ハロプロ夏のコンサートツアーが開幕 トップバッターを務めた段原瑠々は「ある意味狙いに行きました!(笑)」

2020/07/12 21:00 配信

アイドル

ハロー!プロジェクトの夏の定番コンサートツアーがスタートした
ハロー!プロジェクトの夏の定番コンサートツアーがスタートした※提供写真


ハロー!プロジェクトの所属グループメンバーたちが集結する、夏のコンサートツアー「Hello!Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~」が、7月11日(土)に東京・中野サンプラザより開幕した。

今回のコンサート内容は観客側が発声を伴わずに楽しめるものということで、出演メンバーがそれぞれソロで、J-POPのバラード曲を中心とした楽曲をカバーして歌うという過去に一度もなかった形式に。メンバーは全グループからシャッフルされ、A・B・Cの3つのチームに分かれての公演となった。

また、今回は事前に歌唱する楽曲のみ発表されるという異例の試みも実施。発表された楽曲リストには「M」や「糸」「なごり雪」「PRIDE」「想い出がいっぱい」「会いたい」「Jupiter」「あなたに会えて良かった」など、昭和や平成のバラードの名曲が数多く並び、中には「もののけ姫」や「ワインレッドの心」といった、アイドルらしからぬ(!?)楽曲も。

誰が歌うかは当日まで分からないということで、「この歌は誰が歌うんだ?」「もののけ姫はシュールだ」など、公演前からSNS上ではファンたちが今までとは違う盛り上がりを見せていた。

初日の皮切りとなったAチーム公演では、開演と共に客席側から次々とステージへ上るメンバーたちへ観客席から惜しみない拍手が。コンサート1曲目はなんと、AKB48の「365日の紙飛行機」をチーム全員でカバー。予告にないサプライズで観客らを驚かせた。

全員ステージの後には、初日のMCを務めた保田圭により、参加メンバーやスタッフチームの少人数化に加え、全体リハーサルの回数も減らして個別での準備に切り替えられたことなど、本ツアーでのさまざまな試みが説明された。「今回は全てのメンバーが平等にメインボーカルということで、みんないい緊張感でビシッと気合が入っております。皆さん楽しみにしていてください」と保田。

ソロのトップバッターは段原瑠々(Juice=Juice)で、 歌唱曲は「見上げてごらん夜の星を」。ホール一面に灯るメンバーカラーのオレンジのペンライトの光を見上げながら、会場を見事な温かい歌声で包み込んだ。

その後も各メンバーがソロを歌いあげ、観覧したファンからは「久しぶりの推しの姿を見ただけで泣いた」「不安だったけど来て良かった(涙)」「推し以外の歌声もじっくり聞けて、この子はこんなに歌えるんだとか発見があった」など、公演後のSNSでは新しいスタイルにもファンから賛同の声が上がっていた。

また、本ツアーは新型コロナウイルスへの感染予防対策として、会場の消毒・マスク着用・検温・入場時の手指消毒・三密防止の徹底などを図った上で行われた。座席は1席ずつ空けて設けられており、ファンからは「周りを気にせずに歌を集中して聞けた」など、意外な(?)恩恵もあった様子。

「Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜」は今後も各地の状況を鑑みつつ、ツアーファイナルとなる8月30日(日)の愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホールまで全国7会場、14日程で全33公演の開催が予定されている。

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


関連人物