新曲「SPICE」をリリースするSCANDAL「ちゃんと4人で共有し合えて理解し合えていられることは奇跡に近い」

2020/07/15 08:00 配信

音楽

新曲「SPICE」を配信リリースするSCANDAL
新曲「SPICE」を配信リリースするSCANDAL


SCANDALの新曲「SPICE」は、モンスターストライク等で知られるミクシィのXFLAGが制作するオリジナルショートアニメーション「XPICE」の主題歌。とてもパワフルなバンドサウンドで、作曲はギターのMAMI、作詞はドラムのRINAが手掛けている。

RINA(Dr・Vo)「XPICEのアニメチームに、昔からSCANDALの曲を聴いてくれてる方がいて、それでオファーをくださったんです。アニメのラフ画を見せてもらって、作品のコンセプトや楽曲への具体的なオーダーが話し合われる会議にも参加させてもらって。主役のヒーローのふたりがお互いに自分の能力に満足してなくて、コンプレックスを抱きながら戦ってる、ヒーローなのに無敵じゃないってところにすごく共感したんです。そのテーマを軸に歌詞を書いていきました」

MAMI(G・Vo)「日本のアニメーションの技術を世界に発信したいって気持ちがチームにあって、私たちも海外でライブさせてもらってるのでその姿勢にも共感しました。自分たちの前のアルバムの『Kiss from the darkness』に入ってる『A.M.D.K. J.』みたいな曲調が良いってリクエストしてもらったので、勢いのある曲調やバンド感は大切にしながらも、これまでチャレンジしたことなかった引き算もしながら作っていって。あと、HARUNAのボーカルにエフェクトをかけたり、楽器ではないところに遊びがあるのもチャレンジでしたね」

『XPICE』のテーマは「勇気と理解」、そして「共に戦うこと」。バンドという運命共同体で、歩みを止めることなく作品を作り続けているSCANDALの道のりにも当てはまる。

RINA「まだまだ男社会と言えるバンドシーンの中で、どうやって自分たちなりの表現で生き抜いていくかっていうことは自分たちのテーマでもあります。作品の登場人物たちが自分たちなりにトライし続けるところにも共感できたし、大きなテーマでいうと多様性みたいなところにも繋がっていくと思いました。今はいろいろな知識を知れる機会が増えて、理解が広まっていってる時代だと思うんですけど、やっぱりまだまだ細かく知って行くべきところがある気がしていて。ジェンダーのことや、人種のこと、一人ひとりの生き方についても、考えるきっかけになった。今回はあえてすごくストレートな歌詞を書いたんですけど、アニメのオファーがなかったらここまで吹っ切れなかったかもって思いますね。そこからコロナ禍になって、さらに普遍的でまっすぐな曲を作り続けたいって気持ちが強くました」

 サビの、“誰かを想って こぼれ落ちて行く 涙は最高のスパイス”というフレーズはとくに力強く爽快だ。

RINA「『Kiss from the darkness』は、自分たちの弱みもちゃんと音楽に表現できたらいいなとか、ネガティブなフレーズも表現できたらいいなってところがひとつ課題としてあったんですけど、それを一枚のアルバムにできてからの今回の『SPICE』はすごく繋がってる気がして。キャリアと年齢を重ねてきて、ステージ上だけで成立する音楽に自分たちが違和感を感じるようになってきたというか。そんなにメンタルを変身させずにステージに上がれる楽曲がこれから必要だなって思いましたね」

 プライベートレーベル『her』を立ち上げて初めて作ったアルバムが『Kiss from the darknesss』。そこで自らの素を出した経験はどんな影響を与えたのだろう。

MAMI「聴いてくれた人たちがSCANDALを身近に感じてくれたことが一番嬉しかった。今まで隠そうと思ってたわけじゃないんですけど、やっぱり強くいなきゃいけない、いつも笑顔で太陽みたいなSCANDALでいなきゃいけないんだって気持ちがあった。みんなと同じ感情を持つ生き物なんだけどなって思ってたので、それが自然と音楽にもなっていったアルバムでした。今までライブの予習復習として聴いてた感じの子たちが多かったんですけど、もうちょっと日常のBGMにしてくれるようになったのもすごく大きかったです」

TOMOMI(B・Vo)「あのアルバムでアコースティックに挑戦してみて、難しい挑戦でしたけど、今までのSCANDALの曲たちとそんなに差を付けずに違和感なく聴いてくれてた感じがしたのは嬉しかったですね。あとアートワークも最近は自分たちが映ってなくて、好きなクリエイターの人たちとコラボしたりしてるんですけど、そういう意味でもすごくナチュラルに受け入れてくれてたり」

「SPICE」
7/15(水)配信 カラフルレコーズ

写真左からTOMOMI(Bass.)、HARUNA(Vo.)、RINA(Dr.)、MAMI(Gt.)。2006年大阪・京橋で結成。2008年にメジャーデビュー。世界中でライブを行い、ファッションアイコンとしても注目を集め、自身のアパレルブランド「Feedback!」のプロデュースを行う。8月21日(水)には、「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”Livestream」を生配信する。

関連人物