NAOTO&土屋太鳳が寺門ジモン初監督映画で主演に!「食べることは生きること」を描く

2020/07/29 04:30 配信

EXILE NAOTO、土屋太鳳が映画「フード・ラック!食運」に出演

EXILE NAOTO、土屋太鳳が映画「フード・ラック!食運」に出演

寺門ジモンの初監督映画「フード・ラック!食運」の公開日が11月20日(金)に決定。主演をEXILE NAOTO土屋太鳳が務める。今回、特報映像が解禁となった。

NAOTOが演じるのは、奇跡の“食運”を持つ男・良人。土屋は、本作のキーパーソンとなる新人編集者・静香を演じる。二人の共演は本作が初めて。

また、良人の母で幻の焼肉店「根岸苑」店主役をりょうが務める他、石黒賢、松尾諭、寺脇康文、白竜、東ちづる、矢柴俊博、筧美和子、大泉洋、大和田伸也、竜雷太の出演が決まっている。

新型コロナウイルスが世界各地で猛威を振い、生活スタイルが多様化している現在において、「食べることは生きること」を真正面から描いた本作は、芸能界屈指の食通でありとあらゆる名店を巡り、食の素材から味までを熟知する寺門が、“熟成期間”を経て作り上げた完全オリジナル作品。

特に焼肉に強いこだわりを持ち、「家畜商」の免許を取得するほどの肉愛を持つ監督の思いに、実在する焼肉名店が参加。奇跡のコラボレーションが実現する。

食を追求し続け、料理人の思いを近くで見続けた寺門だからこそ完成した本作は、食の大切さや料理人に対する感謝の気持ち、そして食を共に囲む幸せを改めて感じることができる作品となっている。

あらすじ

幻の人気焼肉店「根岸苑」。かつてそこには、食とともに家族の笑顔が溢れていた。

長きにわたり、疎遠になっていた母の突然の余命宣告。“食運”を持つ奇跡の男が、“母の味”を求めて食の旅に出る。

下町に店を構える人気焼肉店「根岸苑」を一人切り盛りする母・安江。一人息子・良人の毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだった。

ある事件がきっかけで店は閉店し、成長した良人は家を飛び出し、うだつがあがらないライターとして自堕落な生活を送っていた。

ある日、グルメ情報サイトの立ち上げを任されることになった良人の元に、疎遠になっていた母が倒れたとの報せが入る。


映画「フード・ラック!食運」
11月20日(金)全国公開
原作・監督=寺門ジモン
原作協力=高橋れい子
脚本=本山久美子
主演=EXILE NAOTO、土屋太鳳
製作・配給=松竹株式会社
制作プロダクション=株式会社ギークサイト
公式サイト=https://movies.shochiku.co.jp/foodluck/
(C)2020松竹

関連人物