新垣結衣、「ほんわかする現場」にクランクイン!ラブラブ夫婦ショットも<親バカ青春白書>

2020/07/27 06:00 配信

「親バカ青春白書」(日本テレビ系)で、主人公の小説家・小比賀太郎(ムロツヨシ)の妻、幸子を演じる新垣結衣がクランクイン

「親バカ青春白書」(日本テレビ系)で、主人公の小説家・小比賀太郎(ムロツヨシ)の妻、幸子を演じる新垣結衣がクランクイン

8月2日(日)スタートの新ドラマ「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)で、主人公の小説家・小比賀太郎(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)の妻、幸子を演じる新垣結衣がクランクイン。ガタロー&幸子夫婦のラブラブショットも初公開された。

ムロさんとほのぼのと思い出話をしたり(笑)

2018年の「獣になれない私たち」(日本テレビ系)以来、1年8か月ぶりのドラマ出演となる新垣は「とてもわくわくするようなストーリーですので、参加できるのがとても嬉しい」と明かし、さらに「久しぶりのドラマ出演だったので、初日の今日の撮影はとても充実した1日となりました。ずっとムロさんと同じシーンだったので、ほのぼのと思い出話をしたり(笑)」と初日を振り返った。

また、同作は福田雄一監督が手掛けるオリジナルドラマ。“福田組”について、新垣は「福田監督とは、以前少しお世話になったことがありましたが、福田組にきちんと参加するのは初めてでした。今日は、多少緊張感を持ちつつ現場に入りましたが、とてもスムーズに進みました。監督はとても笑顔で、特にムロさんと監督が二人で笑っていると、とても安心する、そんなほんわかする現場ですね」とニッコリ。

作品の見どころについては「私が個人的に楽しみにしているのは、若者たちが限られた時間だからこそ持っている、若者特有のキラキラしている世界に、ガタローという人物が加わることで、もっとより青春の密度が濃くなることを楽しみにしています。またちょっと変わってますけど、さくらとガタローの親子にほっこりするシーンがたくさんありますので、私も癒やされたいと思っています」とアピールした。

新垣結衣の全文インタビュー (2/2)

日曜ドラマ「親バカ青春白書」
8月2日(日)スタート
毎週日曜夜10:30-11:25
日本テレビ系で放送
脚本統括・演出:福田雄一
脚本:穴吹一朗
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:高明希、鈴木大造(クレデウス)、白石香織(AX-ON)

【ドラマ公式ホームページはこちらから】
【ドラマ「親バカ青春白書」の最新予告映像はこちらから】

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物