宮本茉由、初のホステス役挑戦に「黒革の手帖」などで役作り「勉強させていただきました」

2020/07/27 18:31 配信

宮本茉由がドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」で初のホステス役に挑戦する

宮本茉由がドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」で初のホステス役に挑戦する

宮本茉由が、7月28日(火)スタートのドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※初回は夜9:00-10:48)に出演することが分かった。初のホステス役に挑戦する宮本が、役どころなどについて語った。

竜の道 二つの顔の復讐者」は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐(ふくしゅう)を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス作品。

復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木宏、竜二の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋一生が演じる。

竜一と竜二は、生まれて間もなく実の親に捨てられたところを、小さな運送会社を営む吉江夫妻に養子として引き取られた双子の兄弟。その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。

しかし、2人が15歳のとき、全国への事業拡大を進める霧島源平(遠藤憲一)率いる運送会社・キリシマ急便の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は自殺してしまう。

卑劣で冷酷な手法で霧島に追い詰められる両親の姿を見ていた2人は、両親から命を、そしてまだ5歳の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。

宮本は、源平が常連として通うクラブのNo.1ホステス・安奈役。美貌と知性を兼ね備えた包容力の持ち主で、源平のお気に入り。その一方で、客たちを手のひらで転がすようなしたたかな一面も併せ持つ。

2018年10月に「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)で女優デビューし、ドラマレギュラー出演は今作で6作品目となる宮本。

2020年に入ってからは、「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系)、「妖怪シェアハウス」(8月1日[土]スタート 毎週土曜夜11:15‐0:05、テレビ朝日系)と3作品目で、今クールは「竜の道 二つの顔の復讐者」に加え「妖怪シェアハウス」も出演し、同クール2作品出演となる。

宮本からコメントが到着! (2/2)

「竜の道 二つの顔の復讐者」
7月28日(火)スタート
毎週火曜夜9:00-9:54
フジテレビ系で放送
※初回は夜9:00-10:48

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物