新木優子が報道サスペンスで初の記者役に挑戦!「皆さんには新しい私をお見せできると思います」

2020/07/29 08:00 配信

新木優子がWOWOW連続ドラマ初出演にして初主演! 「連続ドラマW セイレーンの懺悔」が10月18日(日)スタート

新木優子がWOWOW連続ドラマ初出演にして初主演! 「連続ドラマW セイレーンの懺悔」が10月18日(日)スタート

中山七里の同名小説をドラマ化した「連続ドラマW セイレーンの懺悔」が、10月18日(日)よりWOWOWプライムにて放送することが決定。主演を新木優子が務めることも明らかになった。

“どんでん返しの帝王”という異名を持ち、「悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜」(2019年、フジテレビ系)などの人気ドラマの原作者としても知られる作家・中山七里。そんな彼の作品の中でも、「ドラマ化不可能」と言われてきたのが「セイレーンの懺悔」。

テレビ局を舞台にしたこの小説は、「報道」のタブーに切り込んだ衝撃作として刊行当時から大きな話題を呼んでいた。

つらい過去を抱えながら誘拐事件を追う新人記者を新木が熱演!

本作の主演を務めるのは、「連続ドラマW」初出演にして初主演となる新木優子。自身初の記者役として、報道番組の新人記者・朝倉多香美を演じる。

あるつらい過去を抱え報道記者という職を選んだ多香美は、番組が不祥事続きで窮地に立たされていながらも、誇りを持って仕事に取り組んでいた。

そんな中、女子高校生誘拐事件が発生。事件を追う多香美は、番組の名誉挽回のためにスクープを狙いながら、自身の過去と向き合っていくことに。そして、事件の真相が明らかになった時、多香美の“報道記者”としての在り方が問われていく。

自身の信念と報道の自由、そして悲しい現実の狭間でもがきながらも必死に真実を追い求めていく多香美。新木は、本格サスペンスドラマの主演という新境地に挑む。

果たして、マスコミはセイレーン(ギリシャ神話に登場する半人半鳥の妖精)のように国民を惑わし、人の不幸を娯楽にする怪物なのか。報道の自由や意義について問われることが多い今こそ、その在り方に真っ向から切り込む作品となる。

主演の新木からコメントが到着! (2/2)

■「連続ドラマW セイレーンの懺悔」
10月18日(日)スタート予定
毎週日曜夜10:00ー終了時間未定
WOWOWプライムにて放送
(※全4回、第1話無料放送)
https://www.wowow.co.jp/drama/original/sirens/

関連番組

関連人物