内田真礼&下野紘、“100cm走”に挑戦しゆる~く白熱?「意外とむずかしいなぁ」

2020/07/30 18:55 配信

内田真礼と下野紘が“ゆるスポーツ”に挑戦した

内田真礼と下野紘が“ゆるスポーツ”に挑戦した

7月28日に配信された「声優と夜あそび」では、下野紘内田真礼が“ゆるスポーツ”に挑戦した。

配信では「世界ゆるスポーツ協会」に登録されている、誰でも簡単に楽しめる“ゆるスポーツ”を行い、審判として「世界ゆるスポーツ協会」の萩原拓也氏を招き“100cm走”に挑戦することに。

「100cmをいかに遅く走るか」というシンプルなルールだが、足の出し方や反則などのルールは決まっており、さらに「競技者に話しかけて集中を乱してもよい」というオリジナルルールも追加し行った。

先攻の内田は、大きく両手を広げてバランスをとりながら、一歩一歩慎重に前へ。下野は「今日のファッションのコンセプトは?」「なんで赤いオーバーオールを選んだの?」と内田に対して質問を投げかけ集中力を乱す。

その結果、内田の記録は56 秒に。これに対し内田は「もっとゆっくりでいいのか…意外と難しいなぁ」と苦笑を浮かべた。

後攻の下野は2分を目標に掲げ、慎重に競技をスタート。内田は「下野さん、なんで今日は上下チェック柄なんですか?」「靴下の色は何色なんですか?」「その靴下は何色なんですか?」と反撃を打つ。結果、記録は1分36秒。これに対し下野は「むずっ!話しかけられるのつれーな!」「またリベンジしたい!」とゆるスポーツを楽しむ様子を見せた。

■画像をクリックしてABEMAで見よう!

「声優と夜あそび」
ABEMA「チャンスの時間」

→ABEMAで他の「バラエティ」を見る

関連人物