石原夏織、2ndアルバム『Water Drop』でさまざまなジャンルの楽曲に挑戦!“妹エピソード”も告白<Interview>

2020/08/05 17:00 配信

音楽

石原夏織が8月5日(水)の2ndアルバム『Water Drop』リリースに当たって、聞きどころやレコーディングでのエピソード、さらに“妹エピソード”などについて語った

石原夏織が8月5日(水)の2ndアルバム『Water Drop』リリースに当たって、聞きどころやレコーディングでのエピソード、さらに“妹エピソード”などについて語った

※提供写真

声優、そしてアーティストとして活躍する石原夏織が8月5日、2ndアルバム『Water Drop』をリリース。このほど石原にインタビューを行い、聞きどころやレコーディングでのエピソード、さらに“妹エピソード”などについて聞いた。

「しずくのように、広い世界に広がっていってほしい」という意味を込めた2ndアルバム

――『Water Drop』は全体的に見て、どんな作品に仕上がっていますか?

タイトルの『Water Drop』は「ひとしずく」という意味です。収録の1曲1曲や、アルバム自体を「ひとしずく」に例えていて、このアルバム自体がしずくのように広い世界に広がっていってほしいという意味を込めました。

ですので、アルバムではいろんなジャンルの楽曲に挑戦しています。きっと、今まで私の楽曲を聞いてくださっている方はもちろん、初めて聞いていただいた方も、1曲でも気に入っていただける曲があると思います。

――特にお気に入りの曲はありますか?

「Water Front」が個人的にはお気に入りです。どれも捨てがたいのですが、この楽曲は今まで使ったことのない声色やキーを使っていて、歌詞の内容もきれいな詩というよりは感情を吐露した、語り口調のような歌詞になっているのが、今まで歌ったことのないジャンルだったので、歌ってみてとても楽しかったです。

また、何回も聞きたくようなメロディーがこの曲の魅力だと思いますので、とてもお気に入りです。

――レコーディングや、特典映像の「SUMMER DROP」メーキングで印象に残ったエピソードはありますか?

最初にレコーディングした曲が「SUMMER DROP」で、歌うことがライブ以降、久々でした。とても元気に歌ったつもりだったのですが、それがぜんぜん現れていなかったようで、スタッフの皆さんに「とにかく元気に歌ってみよう!」と言われたのが印象に残っています(笑)。

いつもはあまり指摘されない内容だったので、それが何だか面白かったです。もちろん2回目からはバッチリ歌えました!

MVの方では、今回初めてポップなテイストに挑戦してみて、周りにカラフルなセットがあったのも新鮮でしたし、何よりもかわいい動きや演技を自分とダンサーの皆さんと一緒にやってみて、魅力的な映像になっていると思います。

“妹エピソード”など、プライベートについても語ってくれた (2/2)

2ndアルバム『Water Drop』
8月5日(水)発売
CD+BD盤:3800円(税別)
CD+DVD盤:3600円(税別)
通常盤:2800円(税別)

【HP】ishiharakaori.com
【Twitter】@kaori_staff_
【Instagram】ishiharakaori_official
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCMiRnWRzngDpLVrcpcGbM7A

関連人物