榮倉奈々、初共演の“夫”菅田将暉を「コミュニケーションがとても上手な人」<映画「糸」連載その4>

2020/08/09 07:00 配信

映画

映画「糸」(8月21日・金公開)で、主人公・漣(菅田将暉)が働くチーズ工房の先輩・香を演じた榮倉奈々

映画「糸」(8月21日・金公開)で、主人公・漣(菅田将暉)が働くチーズ工房の先輩・香を演じた榮倉奈々

撮影=大石隼土

中島みゆきが出会いの奇跡と絆の大切さを歌った国民的人気曲「糸」。その名曲をモチーフに映画化した「糸」(8月21日・金公開)で、榮倉奈々が演じるのは、主人公・漣(菅田将暉)が働くチーズ工房の先輩・香。漣の人生に大きく関わっていく重要なキャラクターを演じた彼女が、自身の役柄と北海道で行われた撮影の裏話、さらには物語の舞台となる平成という時代への思い、自身が運命を感じたエピソードについて語ってくれた。

主人公・漣(菅田将暉)が働くチーズ工房の先輩・香(榮倉奈々)

主人公・漣(菅田将暉)が働くチーズ工房の先輩・香(榮倉奈々)

(C)2020映画『糸』製作委員会

とにかく明るく、全てを笑い飛ばすような女性を目指しました

――榮倉さんが演じた香は、漣の支えとなっていく芯の強い女性です。彼女の明るさや強さは、どこから生まれたものだと思いますか?

最終的なところで言うと、母性だと思います。あと、育ちもあるのかもしれません。香の両親はとてもステキな人ですし、北海道の雄大な自然の中で育ったということも、彼女の人格を形成する上で大事な要素になっていると思います。

――香を演じる上で気をつけたこと、意識したことを教えてください。

とにかく明るく、全てを笑い飛ばすような男前な女性を目指しました。

――それは瀬々敬久監督からの要望でもあったのでしょうか?

そうですね。サバッとした女性でいてほしいと言われました。あと、「普段の榮倉さんそのままの男前な感じでお願いします」とも。自分では一度も男前な性格だと思ったことがないのですが、監督の中ではそういうイメージがあったみたいですね(笑)。

――香の男前な感じは同性からもモテそうですね。こんな友達がいたらいいなと思いました。

確かに。引っ張っていってくれそうですし、何でもスパッと言ってくれそう。周りにいてくれたらうれしい人ですよね。

初共演の菅田将暉の印象 (2/4)

映画「糸」
8月21日(金)公開
配給=東宝
原案・企画プロデュース/平野隆
脚本/林民夫
監督/瀬々敬久
出演/菅田将暉 小松菜奈
山本美月 高杉真宙 馬場ふみか / 倍賞美津子 /
永島敏行 竹原ピストル・二階堂ふみ(友情出演)
松重豊・田中美佐子 山口紗弥加 / 成田凌 
斎藤工 榮倉奈々
(C)2020映画『糸』製作委員会

↓↓映画「糸」公開記念!菅田将暉×小松菜奈 ほか インタビューを随時更新 ↓↓
映画「糸」 SP特集

関連人物