高杉真宙、好きな人を追ってシンガポールに来た“冴島”を「同じ男として憧れます」<映画「糸」連載7>

2020/08/16 07:00 配信

映画

映画「糸」(8月21日・金公開)に出演する高杉真宙

映画「糸」(8月21日・金公開)に出演する高杉真宙

撮影=大石隼土

世代を超えて愛され、歌い継がれている中島みゆきの名曲をモチーフに描かれた映画「糸」が8月21日(金)に公開される。リレー連載最終回となる今回は、主人公・葵(小松菜奈)とシンガポールで出会い、一緒に事業を始める冴島亮太を演じた高杉真宙に、撮影秘話などを聞いた。

冴島亮太を演じる高杉真宙

冴島亮太を演じる高杉真宙

(C)2020映画『糸』製作委員会

作品に出てくるキャラクターは全員が“真っすぐ”

――曲の世界観をそのままに、とても美しく、感動的に描かれた映画になっていましたが、最初に台本を読んだときはどんな印象を受けましたか?

最初にこのお話を聞いたときに、この曲がどう物語に落とし込まれるのかがすごく気になっていました。でも、すごく素敵な曲なので、“絶対にいい映画になるんだろうな”とは思っていたんです。実際に出来上がった台本を読んでみたら、その想像通り、いや、想像以上のものに仕上がっていて驚きました。

――“冴島亮太”は、どのような人だと解釈していましたか?

この作品に出てくるキャラクターは、全員が“真っすぐ”なんです。冴島も真っすぐで、熱くて、ちょっと“バカ”なんですよね(笑)。でも、そこがすごくいいなと思ったんです。

だって、シンガポールに好きな人を追う為だけに全てを捨てて行くって、なかなかできないですよね。さらに、登場人物全員、それぞれに意味があると思っているので、小松菜奈さんが演じた葵さんに、冴島は何を与えられるのかなと思いながら演じることを大事にしていました。結果的に、最後のせりふである「出会うべき時に、出会うべき人に出会うんだと思います」に繋がるように演じていかなくちゃいけないと思っていたんです。

――“冴島”の行動力には、かなり驚かされますよね。

本当にすごいですよね。同じ男として憧れますし、実際にこんな男がいたら友だちになりたいなと思いました。ただ、僕は冴島とは正反対なくらいフットワークが重いので、そうは思っていても、なかなか友達にはなれないんだろうなとも思いました(笑)。

Wi-Fiを持たずにシンガポールで… (2/3)

映画「糸」
8月21日(金)公開
配給=東宝
原案・企画プロデュース/平野隆
脚本/林民夫
監督/瀬々敬久
出演/菅田将暉 小松菜奈
山本美月 高杉真宙 馬場ふみか / 倍賞美津子 /
永島敏行 竹原ピストル・二階堂ふみ(友情出演)
松重豊・田中美佐子 山口紗弥加 / 成田凌 
斎藤工 榮倉奈々

↓↓映画「糸」公開記念!菅田将暉×小松菜奈 ほか インタビューを随時更新 ↓↓
映画「糸」 SP特集

関連人物