マツコ、“YOASOBI”らのMVを手掛ける人気動画師たちと対面「アタシたちはオワコンだってこと」

2020/08/15 08:00 配信

バラエティー

8月15日(土)放送「マツコ会議」では、アニメを使ったミュージックビデオを手掛ける人気動画師3名が登場

8月15日(土)放送「マツコ会議」では、アニメを使ったミュージックビデオを手掛ける人気動画師3名が登場

(C)NTV

8月15日(土)放送の「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)に、アニメーションを使った ミュージックビデオを手掛ける動画師、Waboku、ぽぷりか、南條沙歩が登場する。

今回、「なぜ今このMVが若者に刺さっているのか?なぜ繰り返し見るのか?」そのヒットの鍵を深掘りしていく。

まずは、音楽ユニット“ずっと真夜中でいいのに。”の「秒針を噛む」のMVを手掛けたWabokuに取材をすることに。

髪色が個性的なWabokuが最初に手を振ってくれたことに「ちょっと安心しちゃった」とマツコ。MVを見たマツコは「歌と同じぐらい作家性みたいなものが出て、それも相乗効果で評価されるっていうかがわかる」と理解を示す。

さらに話を聞くと1秒間に12枚絵を描き、MVの曲尺が4分半で計算すると、およそ3240枚を書き上げると言う。

制作期間は、1曲で2か月半〜3か月と話すWabokuに対し、「相当もらわないと」とマツコは動画師たちのお金事情にも切り込んでいく。

人気動画師の“ハイテク技術”にマツコ絶望「アタシたちはオワコン」 (2/2)

「マツコ会議」
毎週土曜夜11:00-11:30
日本テレビ系で放送

関連番組

関連人物