英語教育に与える影響に期待!楽しみながら英単語に触れられる作品

2020/08/27 12:00 配信

アニメ

コロコロアニマルABC

コロコロアニマルABC

7月9日に「第10回 衛星放送協会 オリジナル番組アワード」の各部門最優秀賞が発表され、アニメ部門では「コロコロアニマルABC」(キッズステーション)が受賞した。

同番組は、AからZのアルファベットで始まる26種類の動物をモチーフにしたキャラクターたちが楽しくアルファベットを紹介していく。

2020年から小学3年生が必修化し、小学5年生から教科化となる英語教育。初めて英語に触れる年代の低年齢化が必然の流れとなってくる中、同番組は楽しく英語に触れられる要素が満載だ。

日本では以前から英語習得の必要性が叫ばれていながらも、日本人の英語に対する苦手意識は解消されていない。それはやはり授業という形式で初めて英語に触れることで、学問というイメージが先に立ってしまうからではないだろうか。

また、かつての英語教育では英単語を覚えながら文法を学んでいくという方式だが、英語の習得を目標とするなら単語をどれだけ覚えているかが重要だ。なぜなら、少々強引かもしれないが、単語さえ覚えていれば会話は成立する。つまり、どれだけ苦手意識なく英単語を覚えられるかがポイントになる。

この番組では、アルファベットの頭文字から始まる動物、例えば「U」の「unicorn(ユニコーン)」が雨の中「umbrella(傘)」を差して、「V」の「vulture(ハゲタカ)」と出合うというような、かわいらしい動物たちが登場するショートストーリーで構成されており、楽しい物語としてすんなり英単語とコンタクトできる。加えて、コミカルな動きとリズミカルに繰り返されるネイティブな発音、軽快な音楽など、子供に寄り添った工夫がにくい。

物語にのせて楽しみながら英単語に触れられる同番組の、英語教育に与える影響の大きさに期待したい。

文=原田健

「コロコロアニマルABC」
2020年10月19日(月)11:00- ほか
キッズステーションで放送
※放送スケジュールは変更になる場合があります

その他の受賞作品についてのニュースはこちらをチェック!↓↓↓
第10回 衛星放送協会 オリジナル番組アワード


※番組部門7ジャンルの最優秀賞作品の中から選ばれる「グランプリ」は、
9月1日に開催される「第10回 衛星放送協会 オリジナル番組アワード授賞式」で発表される予定。