<はたらく細胞>前野智昭「健康に気を使う日々が続く中、娯楽として、そして勉強として楽しんでいただけたら」【特別上映版9.5公開】

2020/08/29 05:00 配信

アニメ

「はたらく細胞」シリーズで白血球(好中球)を演じる前野智昭にロングインタビュー!

「はたらく細胞」シリーズで白血球(好中球)を演じる前野智昭にロングインタビュー!

“人間の体内”を舞台に、擬人化された“細胞”たちの働きぶりを描き、好評を博している清水茜の同名コミックのアニメ化作品として、2018年にテレビシリーズ第1期が放送された「はたらく細胞」。2021年1月からは第2期「はたらく細胞!!」の放送も決まったが、それに先駆けて、『「はたらく細胞‼」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』が9月5日(土)より公開。第2期で描かれる、原作では第5巻にあたるがん細胞との再戦が、いち早くお披露目される。

ザテレビジョンでは、本シリーズで“白血球(好中球)”を演じている前野智昭にインタビュー。特別上映版とアニメ第2期の見どころ、そして「はたらく細胞」シリーズに懸ける思いの丈を、たっぷりと語ってもらった。

「また『はたらく細胞』をお届けする日が来る――そんな確信めいた気持ちを持っていました」

――2021年1月から放送される第2期のエピソードが、特別上映版という形で先行公開されることになりましたが。

前野智昭:また白血球を演じられる喜びがすごく大きいですね。第1期から少し時間は空いてしまいましたけど、この間もコラボ企画などで白血球を演じる機会をいただいていたので、そんなに途切れることなく作品に戻ってこられたかな、というのが素直な印象です。第1期をやっているときから、また「はたらく細胞」をお届けする日が来るんじゃないか――そんな確信めいた気持ちというか、希望を持っていたので、それがこういう形で実現して、すごくうれしいです。

――「はたらく細胞」がスクリーンに登場するということについてはいかがですか?

前野:僕らが最初に特別上映版のことをお聞きしたのは、第2期の収録のときだったんですよ。プロデューサーから「劇場版も考えています」と説明を受けて。やっぱり、大スクリーンだったり、鮮明なサウンドだったり、違った角度から「はたらく細胞」の世界を楽しんでいただけるというのは、すごくうれしく思いましたし、このシーンを劇場で見たらどうなるのかと想像する時間も楽しかったですね。

アフレコ裏話 (2/4)

■特別上映版『「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』
2020年9月5日(土)公開


■テレビアニメ「はたらく細胞!!」
2021年1月スタート
TOKYO MXほか


<スタッフ>
原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督:小倉宏文
シリーズ構成・脚本:柿原優子
キャラクターデザイン:吉田隆彦
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
アニメーション制作:david production
製作:アニプレックス・講談社・david production
配給:アニプレックス

<キャスト>
赤血球:花澤香菜 白血球(好中球):前野智昭
キラーT細胞/メモリーT細胞:小野大輔 マクロファージ:井上喜久子
血小板:長縄まりあ 制御性T細胞:早見沙織
NK細胞:行成とあ 一般細胞:小林裕介
乳酸菌(クロ):吉田有里 乳酸菌(アカ):高橋李依
乳酸菌(パンダ):藤原夏海 乳酸菌(ブチ):久保ユリカ
がん細胞:石田彰 ナレーション:能登麻美子 ほか

【HP】http://hataraku-saibou.com/
【Twitter】@hataraku_saibou

(c)清水茜/講談社・アニプレックス・david production

関連番組

関連人物