三池崇史監督作品Blu-ray『オーディション』『荒ぶる魂たち』&DVD BOX『初期傑作選 黒社会三部作』発売決定「もうこんな日本映画は作れない」

2020/08/17 14:00 配信

映画

【写真を見る】三池崇史監督「荒ぶる魂たち」は初のパッケージ化&Blu-ray化となる
【写真を見る】三池崇史監督「荒ぶる魂たち」は初のパッケージ化&Blu-ray化となる(C)KADOKAWA 2002


アメリカ「TIME誌」で「これから活躍が期待される非英語圏の監督」として紹介された、三池崇史監督の初Blu-ray化「オーディション」「荒ぶる魂たち」2作品と、黒社会シリーズ3作品をBOX化した「三池崇史 初期傑作選 黒社会三部作 DVD BOX」が、10月23日(金)に発売されることが決定した。

初めてBlu-ray化される「オーディション」(1999年)は、作家の村上龍の原作を映画化したもので、石橋凌演じる主人公が、再婚相手を探すためのオーディションで出会う魔性の女との恐怖体験を描いたサイコホラーとなっている。

初のパッケージ化となる「荒ぶる魂たち」(2002年)は、国際派俳優の加藤雅也を主演に、竹中直人松方弘樹美木良介伊武雅刀遠藤憲一白竜ミッキー・カーチス石橋蓮司等が参加した群像劇で、裏社会に生きるアウトローな男たちの生き様を描いている。

そして、椎名桔平主演の「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」(1995年)、哀川翔主演の「極道黒社会 RAINY DOG」(1997年)、北村一輝主演の「日本黒社会 LEY LINES」(1999年)の、三池監督初期の3作品のシリーズが3枚組セットで、「三池崇史 初期傑作選 黒社会三部作 DVD BOX」に収録される。

2作品初Blu-ray化とDVD BOX発売にあたり、三池崇史監督からコメントが到着している。

三池崇史監督コメント


どこにたどり着くかなんて考えもせず、全力疾走していた頃の愛しい作品たちが、装い新たによみがえる。ただひとつ言える確かなことは、「もうこんな日本映画は作れない」ってことだ。

絶滅危惧種の甘くて危険なささやきを、お楽しみいただければ幸いです。

初めてBlu-ray化される村上龍原作、三池崇史監督作品「オーディション」
初めてBlu-ray化される村上龍原作、三池崇史監督作品「オーディション」(C)BASARA PICTURES INC.

三池崇史監督作品Blu-ray&DVD
10月23日(金)発売
【初Blu-ray化2作品】
「オーディション」Blu-ray 4800円(税抜)
(C)BASARA PICTURES INC.  
「荒ぶる魂たち」Blu-ray 4800円(税抜)
(C)KADOKAWA 2002
封入特典:復刻プレスシート、復刻チラシ
【DVD BOX】
「三池崇史 初期傑作選 黒社会三部作 DVD BOX」
5800円(税抜)
「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」(C)KADOKAWA 1995
「極道黒社会 RAINY DOG」(C)KADOKAWA 1997
「日本黒社会 LEY LINES」(C)KADOKAWA 1999
封入特典:復刻チラシ

関連人物