城田優、初体験のエピソードを告白「ミラクルピュアボーイだった」

2020/08/20 21:09 配信

バラエティー

城田優が「TOKIOカケル」に登場した

城田優が「TOKIOカケル」に登場した

8月19日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに城田優が登場。TOKIOからの質問に答えながら芸能界にはいったきっかけや恋愛エピソードなどを明かした。

“この仕事をしていなかったら何をしている?”という質問をした松岡昌宏は、自身は「バーテンダーに憧れていた」と明かす。自分であれば、バーテンダーをやってから、途中でホストの方が稼げると思い、ホストになって事業を拡げていただろう、と具体的なビジョンまでを話す。

その話に城田は「すごいな、具体的ですね」と驚きつつ、「僕はこれ(芸能界)しかなくて、こうなるって決まっている」と思っていたと告白。両親ともに芸能界に近い仕事はしていたが、それを見てなりたいと思ったわけでもなく、自身の感覚でなりたいと思っていて、幼い頃からオーディションもたくさん受けてきたという。だがオーディションには「何回落ちたかわからないくらい落ちた」と言い、とても悔しい思いもしたが、それでも芸能界を諦めなかったとも話す。

そんな城田は実はジャニーズ事務所のオーディションも受けたことがあると告白。「すごく運が良かったら、城田優はジャニーズだったかもしれない」と話す。「受かるオーディションによって自分の方向性も変わっていたのかもしれない」と振り返った。

▼注目のバラエティーなど特番を紹介!

夏の特番まとめ

関連番組

関連人物