<アンサング・シンデレラ>田中幸太朗、東根作寿英がゲスト出演!“みどり”と“小野塚”は研修へ

2020/08/27 12:00 配信

ドラマ

田中幸太朗、東根作寿英(写真左から)

田中幸太朗、東根作寿英(写真左から)

9月3日(木)放送の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)第8話に、田中幸太朗東根作寿英がゲスト出演することが分かった。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描く。

田中が演じるのはアレルギー性鼻炎に悩み、萬津総合病院で薬をもらっている増田航平。増田の調剤を担当するくるみは、増田が高い頻度で薬をもらいにくることを不思議に思い、「薬はまだ残っているはずだ」と問うも、増田は「もうないです」と冷たく答え、そそくさとその場を去ってしまう。

また、第8話では、病院薬剤部と調剤薬局の連携強化を目的とした2週間の研修にみどりが参加することに。ナカノドラッグ勤務の小野塚とタッグを組み、在宅医療に特化した「笹の葉調剤薬局」で勤務することになる。

東根作は、笹の葉調剤薬局の代表・仁科敦夫を演じる。仁科は、在宅医療を学ぶためにやって来たみどりと小野塚綾(成田凌)を連れて、さまざまな患者の家を回りながら仕事を説明する。在宅医療の経験を積もうと積極的なみどりに対し、24時間対応の在宅医療は「俺には向いていない」と冷めた態度の小野塚。そんな正反対の二人が向き合うことになる患者は、“調剤の魔術師”の異名を持つベテラン薬剤師・荒神寛治(でんでん)の妻・泰子(大塚良重)。

泰子はがんを患い、余命いくばくもない終末期の患者だった。25年目の結婚記念日に「手品で泰子を喜ばせたい」と願う寛治のために、みどりと小野塚はある行動を取る。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」
毎週木曜夜10:00-10:54
フジテレビ系にて放送
【公式HP】https://www.fujitv.co.jp/unsung/
【公式Twitter】@unsung2020

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆

7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物